「情報処理技術者能力認定試験」の版間の差分

タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集 改良版モバイル編集
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集 改良版モバイル編集
 
1983年より実施されています。主に将来プログラマーやシステムエンジニアなどを志望し、情報処理業界への就職・転職を目指している人を対象としています。<br>
他のサーティファイの検定試験と同様に専門学校生の受験者が多いのですが、受験資格は特に設定されていないため、学歴・年齢関係なく誰でも受験することができます。<br>
また、国家試験である[[基本情報技術者試験]](旧・[[第二種情報処理技術者試験]])への前哨戦として受験する人も多いです。
また、本検定は国家試験である[[基本情報技術者試験]](旧・[[第二種情報処理技術者試験]])への登竜門でもあり、本検定の2級第1部の合格者は「差分講習を受講し、その後の修了試験に合格することで、[[基本情報技術者試験]]の午前試験の受験が免除される」という特典が付いていることから、前哨戦として受験する人も多く、民間検定でありながら比較的公益性の強い試験であると言えます。
 
== 各級の基準 ==
290

回編集