「高等学校古典B/漢文/送夏目漱石之伊予」の版間の差分

予備知識の修正、カテゴリの追加
(ページの作成:「== 予備知識 == 正岡子規と夏目漱石とは、友人どうし。 これから夏目漱石が学校教師として愛媛県の松山中学(まつやま ちゅ...」)
 
(予備知識の修正、カテゴリの追加)
 
== 予備知識 ==
正岡子規と夏目漱石とは、高等学校の同級生として知り合って以来の友人どうし。
 
これから夏目漱石が明治28年4月、学校教師として愛媛県の松山中学(まつやま ちゅうがく)に赴任(ふにん)する夏目漱石はその年の暮れに見合いのため東京にいる戻った。その際に正岡子規とは、離れ離れになるの家を訪問した
 
『夏目漱石の伊予に之くを送る』は、正岡明けて愛媛県松山に帰る夏目に正岡がった詩である。正岡子規の故郷は愛媛(えひめ)県なので、正岡子規は、夏目漱石の赴任先の実情をよく知っているので、そのことが詩の内容にも表れている。
 
== 現代語訳 ==
「おくれるな」。
「莫〜」で禁止を表す。
 
[[Category:高等学校教育 国語 漢文 漢詩|なつめそうせきのいよにゆくをおくる]]
148

回編集