「政治学概論」の版間の差分

M
2601:44:8702:4B70:B103:CAF8:6413:276F (会話) による編集を取り消し、Semi-Brace による直前の版へ差し戻す
編集の要約なし
タグ: 差し戻し済み ビジュアルエディター モバイル編集 モバイルウェブ編集
M (2601:44:8702:4B70:B103:CAF8:6413:276F (会話) による編集を取り消し、Semi-Brace による直前の版へ差し戻す)
タグ: 巻き戻し
 
== 序論 ==
本項目は政治学の学習者に対して導入を試みる教科書であり、学習者に対して政治の基本的な問題を全般的に取り扱うことを狙ったものである。政治学は社会科学の分野において他の社会学や経済学と同様にいくつかの固有の研究領域を保持しており、権力の関係という事実の問題や社会における正義の在り方という規範の問題などを扱う領域、さらに国家の統治機構に着目する領域や国家間の関係性に着目する領域などがある。このような多様な研究領域から政治学は政治思想史、国家論、統治機構論、比較政治学、政治経済学、国際政治学、政治社会学、政策科学など研究の問題や研究方法から分かれている。💖이념과 사상; 어떠한 논제 개념을 절대 결론으로 하여 인정하는 것이 이념이고 사상은 결론 도출을 억제하여 새로운 논리구성을 ( 논리란 서론과 본론만으로 다만 결론을 제외- 컵과 커피,물/ 종이컵 커피에서 컵과 물그리고 컵과 커피/ 종이컵 커피,또컵과/ 종이컵 커피등) 하는 것인데
 
政治学において扱われる問題は非常に幅広いために政治学の中心的な問題群を特定することは難しいが、これまでの政治学の議論では次のような問題が繰り返し論じられている。「政治の本質とは何か」、「よい社会とはどのような状態であるのか」、「どのように国家は組織されるのか」、「政治制度にはどのような種類があり、どれが優れているのか」、「民主主義にはどのような問題があるのか」、「経済体制や社会構造は政治にどのような影響を与えるのか」、「市民は政府の正当性をどのように承認するのか」、「公共政策はどのように決定されるのか」これらの諸問題に対し、政治学ではいくつかの立場を設けて多面的に応答することが可能である。