「CASL」の版間の差分

292 バイト追加 、 8 か月前
M
編集の要約なし
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集 改良版モバイル編集
M
 
 
== はじめに ==
[[基本情報技術者試験]](FE)では午後の科目で、選択必須問題として[[基本情報技術者試験/ソフトウェア開発|ソフトウェア開発]]([[プログラミング]])に関する問題が出題されています。[[C言語]]、[[Java]]、[[Python]]<ref group="注">令和2年度春季から</ref>、CASL、[[基本情報技術者試験/表計算ソフト|表計算ソフト]]の5つの[[プログラミング言語|コンピュータ言語]]の中から一つ選択して解答するという内容になっています。令和元年度秋季までは[[COBOL]]も選ぶことができましたが、Pythonと置き換わる形で廃止されました
 
FE午後ではソフトウェア開発の問題は配点が非常に大きいため、[[擬似言語]]とともに同試験の鬼門として名高いで扱われることがあります。合格するためには擬似言語とソフトウェア開発の問題に関しては特に重点的に対策する必要があります。
 
CASLは[[C言語]]や[[Java]]などに比べて命令文が単純で、プログラムの行数も少ないといった特徴があり、覚えやすい言語です。問題自体も簡単であり、シミュレータも用意しやすいため、初心者がプログラミングを勉強するには丁度良い言語と言えます。
 
== CASLの概要 ==
CASL(キャスル)は、[[基本情報技術者試験]](旧名称:第二種情報処理技術者試験)における[[プログラミング]]の試験のために、[[w:CAP-X|CAP-X]]の後継として1986年(昭和61年)に仕様が策定されたアセンブリ(アセンブラ)言語です。
 
[[基本情報技術者試験]]では[[プログラミング]]能力に関する問題が出題されますが、これでは幾つかの[[プログラミング言語]]のなかから、受験者はそれぞれが最も得意とする言語による試験を選択することで、特定の言語のプログラマが有利になることを防いでいます。
from B to C
from A to C
 
== 注釈 ==
<references group="注" />
 
== 関連項目 ==
* [[擬似言語]]
* [[基本情報技術者試験/表計算ソフト|表計算ソフト]]
 
{{Stub}}
733

回編集