「学習方法/高校情報」の版間の差分

なので、他の言語から勉強する事になるだろう。この場合は、「C言語」(シー げんご)というプログラミング言語が、書店で初心者向けの書籍が充実しているので、勉強しやすいだろう。
 
=== 高校生独学で、ジャバ スクリプトは、勉強しなくていい ===
ほかにも、初心者むけとして有名な言語に、「[[JavaScript]]」(ジャバ スクリプト)というプログラミング言語があるが、しかし、書店にある書籍には、あまJavaScriptの初心者むけの書籍が、それほど多くはないので、初心者はJavaScriptの解説書は、だ買わないほうが良い
 
JavaScriptは、[[w:ウェブブラウザ|ウェブブラウザ]]で動作するので、最も広く普及しているプログラミング言語の一つといえます。
こまったことに、タイトルで「入門 JavaScript」とか「わかるJavaScript」的な書名を主張してても、読んでみると、内容がまったく入門的でない、ダメな書籍も、「JavaScript」の解説書には、多いのである。
 
誕生当初 Netscape Navigator に実装された JavaScript は、まさに初心者むけの言語でした。その後、JavaScriptの普及とともにブラウザベンダーは競うように新機能を追加し、機能が増えるのだけなら良いのですが、ブラウザによって機能があったりなかったり、微妙な差異があり、プログラマはその違いに苦慮する状況が生まれました。
どうしても買うなら、「学生のための〇〇(プログラム言語名)」とか「高校生のための〇〇」とか、そういう銘打った題名の入門書で十分である。
 
1997年、仕様の乱立状況を打破するため、JavaScriptの言語コア(文法と標準組み込みオブジェクトなど、入出力は除く)は[[w:ECMAインターナショナル|ECMAインターナショナル]]によって[[w:ECMAScript|ECMAScript]](ECMA-262)として国際標準化されます。難航したECMAScript Edition 4がリリースされないなど紆余曲折がありましたが、JavaScriptの仕様は強化されていき、当初の玩具らしさは影を潜め、標準化により実装のばらつきも小さくなっているので、その意味でが学ぶべき価値があると言えます。
 
また、ウェブブラウザ上のJavaScriptを学ぶには、[[HTML]](と[[CSS]])をある程度は習得しておく必要があります。多くの高校生にとって、HTMLは身近な学習対象ではないので、ここにも一つJavaScriptを学ぶハードルがあります。他方、JavaScriptをウェブコンテンツに組み込んでダイナミックなウェブサイトを作ることは、大きのモチベーションの1つになりえます。
1999年頃、かつてJavaScriptが初心者むけの言語として紹介されていた時代があったが、しかしその後、JavaScriptの普及とともに新機能がドンドンと追加されていった。そのせいで、もはや2020年代の現代の出版状況では、あまり初心者むけとは言えないJavaScriptの入門書も書店には多い。
 
高校生が、もし学校でJavaScriptを習えるのなら、その機会を利用したほうが良いだろでしょ多くの検定教科書によっては、PythonやVBAとともにJavaScriptを紹介している。ます
2000年以降のインターネットの国際規格化(W3Cなどによる)にともない、JavaScriptの仕様は変更されていき、初心者への分かりやすさよりも、国際規格としての整合性などを重視しているので、もはや、あまり「初心者むけ」とは言えない仕様にJavaScriptは現代ではなっている。
 
'''なお、JavaScript と Java([[Java]](ジャバ) とは、異なるプログラミング言語である。''' 混同しないように注意う。「Java」の複雑な文法と膨大なライブラリクラスは、まったく初心者むきではない。「Java」の理解に、かなり高度な知識が必要であり、初学者には、ったく手に負えないせん
 
もちろん、なかには本当に初心者むきで分かりやすく説明できている、JavaScriptの入門書もあるだろう。しかし、初心者にそれを見抜くのは難しいので、初心者は、高校生向けの入門書が見つからない限りは、JavaScriptには手を出さないほうが良いだろう。
 
 
また、JavaScriptの入門書の場合、まったくのプログラミング初心者にあわせた説明をしている書籍が、2017年の現状では、少ない。
 
JavaScriptの入門書では、C言語やBASICなどの、ほかの言語を既に一冊は学んだ人を対象にして説明している書籍が、多い。
 
JavaScriptの入門書では、インターネット関連の、高校レベルよりも上の技術知識を必要としている書籍も、JavaScriptの入門書では多い。
 
 
なお、JavaScriptを学ぶ前に、HTMLをある程度は習得しておく必要がある。どのみち、ほとんどの高校生は、あまりHTMLを習得できては、いない。なので、まだ、それほど あせらずに、JavaScriptには入門しなくても、大丈夫だろう。
 
 
'''なお、JavaScript と Java(ジャバ) とは、異なるプログラミング言語である。''' 混同しないように注意しよう。「Java」の文法は、まったく初心者むきではない。「Java」の理解に、かなり高度な知識が必要であり、初学者には、まったく手に負えない。
 
 
高校生が、もし学校でJavaScriptを習えるのなら、その機会を利用したほうが良いだろう。(検定教科書によっては、JavaScriptを紹介している。)
 
しかし、独学の場合は、残念ながら、書店には、ろくな入門書が、JavaScriptでは、そろってない。なので、2017年から当面は、高校生は、JavaScriptの入門書を買わないほうがいい。
 
=== 入門する言語の決め方 ===
3,375

回編集