「情報処理技術者能力認定試験」の版間の差分

タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集 改良版モバイル編集
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集 改良版モバイル編集
;1級
コンピュータの知識及びシステム開発の基礎知識を有し、プログラム設計とともに、プログラムの作成ができる中級程度の情報処理技術を有する。<br>
サーティファイが実施する検定試験の中では最難関の部類であり、難易度は[[基本情報技術者試験]]とほぼ同じくらいか、それ以上と言われています(ただし[[基本情報技術者試験]]より問題数は少なく、試験時間も短いです。)。
 
;2級
コンピュータの知識及びシステム開発の基礎知識を有し、プログラム設計とともに、プログラムの作成ができる初級程度の情報処理技術を有する。<br>
難易度は[[基本情報技術者試験]]より少し易しいです。また、[[基本情報技術者試験]]の前哨戦として受験する人も多いです。
 
;3級
大学、短期大学、専門学校、高校、企業等で専門学習を行った者で、コンピュータの基礎知識を有する。<br>
難易度は[[ITパスポート試験]]とほぼ同じくらいです(ただし出題範囲は[[ITパスポート試験]]よりやや狭いです。)
 
== 試験方式 ==
290

回編集