「民法第998条」の版間の差分

編集の要約なし
M編集の要約なし
編集の要約なし
[[法学]]>[[民事法]]>[[コンメンタール民法]]>[[第5編 相続 (コンメンタール民法)]]
==関連条文==
(遺贈義務者の引渡義務)
 
;第998条
:遺贈義務者は、遺贈の目的である物又は権利を、相続開始の時(その後に当該物又は権利について遺贈の目的として特定した場合にあっては、その特定した時。)の状態で引き渡し、又は移転する義務を負う。ただし、遺言者がその遺言に別段の意思を表示したときは、その意思に従う。
==解説==
 
==参照条文==
 
----
{{前後
|[[コンメンタール民法|民法]]
|[[第5編 相続 (コンメンタール民法)|第3編 債権]]<br>
[[第5編 相続 (コンメンタール民法)#7|第7章 遺言]]<br>
[[第5編 相続 (コンメンタール民法)#7-3|第3節 遺言の効力]]
前条:|[[民法第997条|第997条]]<br>(相続財産に属しない権利の遺贈)
次条:|[[民法第999条|第999条]]<br>(遺贈の物上代位)
}}
 
 
 
==関連条文==
 
前条:[[民法第997条|第997条]](相続財産に属しない権利の遺贈)
 
次条:[[民法第999条|第999条]](遺贈の物上代位)
 
 
 
 
----
<onlyinclude>
{{stub}}
[[category:民法|998]]
</onlyinclude>