「刑事訴訟法第180条」の版間の差分

編集の要約なし
M (→‎条文: 誤記訂正)
編集の要約なし
 
;第180条
# 検察官及び弁護人は、裁判所において、[[刑事訴訟法第179条|前条]]第1項の処分に関する書類及び証拠物を閲覧し、且つ謄写することができる。但し、弁護人が証拠物の謄写をするについては、裁判官の許可を受けなければならない。
# 前項の規定にかかわらず、[[刑事訴訟法第157条の46|第157条の46]]第34項に規定する記録媒体は、謄写することができない。
# 被告人又は被疑者は、裁判官の許可を受け、裁判所において、第1項の書類及び証拠物を閲覧することができる。ただし、被告人又は被疑者に弁護人があるときは、この限りでない。
===改正経緯===
2016年改正にて、参照条数が繰り下がったことに伴う改正。
*(改正前)[[刑事訴訟法第157条の4#改正経緯|第157条の4]]第3項に
*(改正後)[[刑事訴訟法第157条の6|第157条の6]]第4項
 
==解説==
{{stub}}
[[category:刑事訴訟法|180]]
[[category:刑事訴訟法 2016年改正|180]]