「民法第820条」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
 
*[http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?hanreiid=52319&hanreiKbn=02 面接交渉の審判に対する原審判変更決定に対する許可抗告事件](最高裁判決 平成12年05月01日)[[民法第766条]],[[民法第818条]]3項[[家事審判法第9条]]1項乙類4号
*[http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?hanreiid=50081&hanreiKbn=02 未成年者略取被告事件](最高裁判決 平成17年12月06日)[[刑法第35条]],[[刑法第224条]],[[民法第818条]]
==参考==
明治民法において、本条には以下の規定があった。趣旨は、[[民法第772条]]に継承された。
#妻カ婚姻中ニ懐胎シタル子ハ夫ノ子ト推定ス
#婚姻成立ノ日ヨリ二百日後又ハ婚姻ノ解消若クハ取消ノ日ヨリ三百日内ニ生レタル子ハ婚姻中ニ懐胎シタルモノト推定ス
 
----