「中学校国語 古文/平家物語」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
タグ: 差し戻し済み
<div style="border:1px solid #000000;">
: 
:祇園精舎
:祇園精舎({{ruby|ぎをんしやうじや|ギオンショウジャ}})の鐘(かね)の声、<br />
 
:諸行無常({{ruby|しよぎやうむじやう|ショギョウムジョウ}})の響き(ひびき)あり。
 
:沙羅双樹({{ruby|しやらさうじゅ|シャラソウジュ}})の花の色(ハナのイロ)、
 
 
 
:諸行無常
 
 
:沙羅双樹
:盛者必衰({{ruby|じやうしやひつすい|ジョウシャヒッスイ}})のことわりをあらはす。
 
:'''感に堪えない''' ・・・ 深く感動して、その気持ちをあらわさずには、いられない。
 
ďÊĦĤÊĦĥÉÉĤķcθʅθʕf|¡⟨〈⟨⟨⟨⟨⟨⟨⟨⟨⟨⟨⟨⟨⟨⟨⟨⟨⟨⟨⟨⟨⟩⟩⟩⟩⟩⟩⟩⟩⟩⟩⟩⟩⟩⟩⟩⟩⟩⟩⟩⟩〉⟩
 
作者は、舞をまった男を殺した源氏の行為を、戦場の非情さの例として書いている、と思われる。
 
そして、人生の "はかなさ" を書こうとしているものと思われる。
 
そのほか、平家と源氏との美意識のちがいなどを、作者は書こうとしていると思われる。平家の、敵とはいえ素晴らしい者には祝って舞を舞うという風流な価値観。いっぽう、源氏の側は戦争の勝利こそが、武士の名誉と考えている。đđďÉÉé
 
平家と源氏の美意識のちがいは、ひいては、貴族と武士との価値観の違いであろう。
(なお、平家も、武士の一族である。)
 
== 作品解説 ==
[[File:Biwa-Hoshi-71-Shokunin-Uta-Awase-Picture-Scroll.png|thumb|琵琶法師。]]
平家物語の作者は不明だが、琵琶法師などによって語りつがれた。
 
作中で出てくる平清盛(たいらのきよもり)も、源義経(みなもとのよしつね)も、実在した人物。作中で書かれる「壇ノ浦の戦い」(だんのうらのたたかい)などの合戦(かっせん)も、実際の歴史上の出来事。
作者:不明
 
匿名利用者