「小学校社会/6学年/歴史編/江戸幕府の成立と安定した社会-江戸時代Ⅰ」の版間の差分

:家康は{{Ruby|江戸|えど}}(現在の東京)に'''{{Ruby|幕府|ばくふ}}'''を開きました。これが'''{{Ruby|江戸幕府|えどばくふ}}'''であり、この時から'''江戸時代'''が始まりました。
:将軍の権限は、武士に[[小学校社会/6学年/歴史編/戦乱の世の中と日本の統一-戦国時代・安土桃山時代#石高制|石高で表した領地]]({{ruby|知行|ちぎょう}})を与えることであり、知行が1万石以上の者を'''{{ruby|大名|だいみょう}}'''、1万石未満で、将軍に直接会うこと<ref>これを「{{ruby|御目見得|おめみえ}}」と言います。</ref>ができる者を'''{{ruby|旗本|はたもと}}'''、できない者を'''{{ruby|御家人|ごけにん}}'''<ref>多くは、戦国時代、「足軽」と呼ばれていた階層の武士です。</ref>と言っていました。
:関ヶ原の戦いの後に、家康は領地を分け与えましたが、この時、大名を家康の子孫による'''{{ruby|親藩|しんぱん}}'''、関ヶ原の戦い前から家来である'''{{ruby|譜代|ふだい}}大名'''、関ヶ原の戦い後に従った'''{{ruby|外様|とざま}}大名'''にわけてとりあつかいました。なお、江戸時代の大名とその家来を合わせた集団を、「'''{{ruby|藩|はん}}'''」と言っています<ref>ただし、この言い方は明治以降の言い方で、当時は、「○○様{{ruby|御家中|ごかちゅう}}」などの言い方を使いました。</ref>。幕府は、藩をつぶしたり({{ruby|改易|かいえき}})、領土の一部を取り上げたり({{ruby|減封|げんぽう}})、大名同士の領土を交換させる({{ruby|国替|くにがえ}}・{{ruby|転封|てんぽう}}<span id="国替"/>)など、強力な力を持っていましたが、藩の中の政治に口を出すことはありませんでした。
::;親藩
:::将軍家の血筋が絶えた場合などに、将軍を出す役割をになった'''{{ruby|御三家|ごさんけ}}'''<ref>{{ruby|尾張|おわり}}藩、{{ruby|紀州|きしゅう}}藩、{{ruby|水戸|みと}}藩の3家で、それぞれ領国をもっていました。家康のこどもで、第2代将軍{{ruby|秀忠|ひでただ}}の兄弟の子孫です。</ref>・'''御三卿'''<ref>{{ruby|田安|たやす}}家、{{ruby|一橋|ひとつばし}}家、{{ruby|清水|しみず}}家の3家で、御三家と違い領国を持っていません。江戸幕府の誕生から130年〜150年ほどのちにできた家で、第8代将軍{{ruby|吉宗|よしむね}}の子孫です。</ref>を含み、家格・官位などでは優遇されましたが、幕政に参加することはまれでした。
:1600年{{ruby|豊後|ぶんご}}(現在の大分県)に'''オランダ'''の船リーフデ号が流れつきます。ポルトガル人とスペイン人以外の初めてのヨーロッパの人たちです。家康は、流れついた人の中からオランダ人の'''ヤン・ヨーステン'''とイギリス人の'''ウィリアム・アダムス'''<ref>後に、{{ruby|三浦按針|みうらあんじん}}と名を改めます。</ref>をめしだして、外国のことを聞くようになりました。これ以降、ポルトガル人たちに加えてオランダ人などが日本に来るようになりました。オランダ人たちはポルトガル人などに比べ、キリスト教の布教には熱心ではなく、また、そのことが幕府にも伝わりました。ポルトガル人やスペイン人を南蛮人と呼ぶのに対して、オランダ人やイギリス人は{{ruby|紅毛人|こうもうじん}}とよばれました。
:家康は、秀吉同様海外貿易に熱心で、東南アジアの国々<ref>{{ruby|安南|あんなん}}(現在のベトナム)、スペイン領であったフィリピンのマニラ、カンボジア、シャム(現在のタイ)、パタニ(マレー半島中部の国、現在のマレーシア)などに派遣しました。</ref>と交流を持って、{{ruby|朱印状|しゅいんじょう}}と呼ばれる貿易の許可証<ref>日本人には日本からの出国を外国人には日本への入国を認めるもので、もともとは秀吉が始めました。</ref>を発行して貿易を認めました。朱印状を持った船を{{ruby|朱印船|しゅいんせん}}と言い、この貿易を'''朱印船貿易'''と呼びます<ref>中国(明王朝)は、日本の入国を禁止していましたし、朝鮮は、対馬の大名{{ruby|宗|そう}}氏が代表していたので、朱印船貿易の相手ではありませんでした。</ref>。
:1612年南蛮貿易をめぐって幕府の役人に{{ruby|収賄|しゅうわい}}事件がおこり<span id="岡本大八事件"/>、この関係者がキリシタンであったことから、幕府は大名と幕臣、江戸、京都など幕府の直轄地でのキリスト教の信仰を禁じました。1614年にはこれを全国に広げ、各地の教会を破壊し、宣教師や主だったキリスト教徒を国外に追放しました。
:その後も幕府は、中国船を含めた外国船の入港を制限したり、宣教師や信者を見せしめに処刑したりしてキリスト教の禁止を徹底しようとしましたが、宣教師が密かに来日して布教する例があとをたちませんでした。
:そんな中、1637年、現在の長崎県にある{{Ruby|島原|しまばら}}半島(現在の長崎県)から海をへだてた{{Ruby|天草|あまくさ}}諸島(現在の熊本県)にかけての一帯で、農民3万人あまりによる、大きな[[小学校社会/6学年/歴史編/戦乱の世の中と日本の統一-戦国時代・安土桃山時代#一揆|{{Ruby|一揆|いっき}}]]が起きました。原因は、領主が領民に重い{{ruby|年貢|ねんぐ}}を課したこととキリシタンへの{{Ruby|弾圧|だんあつ}}でした。一揆の中心は、当時16才の{{Ruby|天草四郎|あまくさしろう}}という少年でした。幕府は12万人ほどの大軍を送り、4か月ほどかかってこれをしずめました。これを、「'''島原の乱'''」または「'''島原天草一揆'''」と言います。島原の乱は、戦死・処刑された農民などが2万人から3万人になり、幕府側も死傷者が8000人以上という江戸時代最大の百姓一揆で、これを最後に、これから、明治維新の戊辰戦争まで230年間、日本国内での争いことで100人をこえる死者が出ることがない、世界的にも珍しい平和な時代となりました
[[ファイル:Plattegrond van Deshima.jpg|thumb|200px|出島を空から見た図]]
:これが決め手となって、1639年、幕府は、ポルトガルの来航を禁じ、貿易の相手を、中国以外は'''オランダ'''だけに限って、さらに、長崎の'''{{Ruby|出島|でじま}}'''だけでこれを認めることになりました。幕府は、出島に入ることのできる日本人は、幕府の役人や、許可を得た日本人のみに制限していました。これを、'''{{ruby|鎖国|さこく}}'''と言います。
:江戸幕府は長崎のオランダ{{Ruby|商館長|しょうかんちょう}}に、外国のようすを幕府に報告させるための報告書の提出を義務づけました。
:このように日本でのヨーロッパ人と日本人とのかかわりを制限していった結果、日本では、江戸幕府が貿易の利益と西洋についての情報を{{Ruby|独占|どくせん}}しました<ref>朱印状は、一部の大名にも発行されたため、その大名は直接海外との貿易ができたのですが、1631年にさらに、幕府が発行する「{{Ruby|奉書|ほうしょ}}」が必要となり、大名が海外と貿易をすることはできなくなっていました。</ref>。
[[Image:Jesus on cross to step on.jpg|thumb|180px|踏み絵]]
;{{ruby|宗門人別改帳|しゅうもんにんべつあらためちょう}}
:島原戦いのあと、キリスト教への取りしまりは、いっそう{{Ruby|厳|きび}}しくなりました。キリスト教をかくれて信じる人をとりしまるため、定期的に調査をして人々にイエス・キリストなどがえがかれた銅板の{{ruby|踏|ふ}}み絵を踏ませ、踏めなかった者はキリスト教徒であるとして{{Ruby|処罰|しょばつ}}しました。これを、{{ruby|宗門改|しゅうもんあらため}}といいます。
:また、寺にキリスト教徒でないことの証明書({{ruby|寺請証文|てらうけしょうもん}})を出させる代わりに、お葬式や{{ruby|供養|くよう}}をその寺だけでする{{ruby|寺請|てらうけ}}制度<ref>{{ruby|檀家|だんか}}制度とも言います。</ref>もできました。
:寺請の結果は一人一人、「{{ruby|宗門人別改帳|しゅうもんにんべつあらためちょう}}」という帳簿に残され、奉公や結婚で土地を離れる時には、寺から寺請証文を出してもらって、うつり住む土地で新たに帳簿に書き込むという習慣ができて、これが、現在の{{ruby|戸籍|こせき}}や住民基本台帳と同じ役割をはたすようになりました。
</small>
|}</div>
<div style="margin:0 2em 0 4em">
<!--
{| class="wikitable" style="width:100%"
|'''【脱線 - 覚えなくてもいい話】<span id="日中貿易"/>中国との貿易<small>
:[[小学校社会/6学年/歴史編/戦乱の世の中と日本の統一-戦国時代・安土桃山時代#南蛮貿易|南蛮貿易]]でもオランダ船による貿易であっても、日本が最も必要としたのは、生糸・絹織物<ref>この時代の、日本の絹は品質が悪く良いものは中国からの輸入品ばかりでした。</ref>、陶磁器といった中国で生産されるものと、[[小学校社会/6学年/歴史編/戦乱の世の中と日本の統一-戦国時代・安土桃山時代#永楽通宝|永楽通宝]]のような貨幣でした。では、中国商人が直接取引をすればよいではないかという話になりそうですが、それは、簡単な話ではありませんでした。
:明の王朝は14世紀から[[小学校社会/6学年/歴史編/室町文化の誕生-室町時代#倭寇|{{ruby|倭寇|わこう}}]]<ref>倭寇は、14世紀に[[小学校社会/6学年/歴史編/室町文化の誕生-室町時代#勘合貿易|足利義満が勘合貿易を始めた]]ことで一時収まりますが、その後、勘合貿易をまかされていた大内氏がほろびた1550年代以降、海賊がまた増え、これも倭寇と呼ばれました。ただし、16世紀になってからの倭寇は、ほとんどが中国人でした。</ref>になやまされて、海外貿易をしばしば禁止しました。
:1644年、明は、中国北部の国'''{{ruby|清|しん}}'''によってほろぼされます。
:清の建国に反抗して、明の家臣などが台湾にのこり{{ruby|抵抗|ていこう}}していました。清の王朝は、これを取り締まるため、清への[[小学校社会/6学年/歴史編/室町文化の誕生-室町時代#朝貢貿易|朝貢貿易]]以外は、明と同じように海外貿易を禁止しました。
:日本としては、中国の産品を手に入れにくくなったのですが、以下のとおり対応し輸入にたよらなくてもよくなりました。
:#生糸・絹織物については、江戸幕府や各藩が、改良に努め、江戸時代の中期には輸入を制限できるほど品質が上がりました。明治になると日本の代表的な輸出品になります。
:#陶磁器については、朝鮮出兵で多くの朝鮮人陶工を日本に連行し、{{ruby|有田焼|ありたやき}}・{{ruby|薩摩焼|さつまやき}}など、薄く固い陶磁器の技術を確立しました。
:#永楽通宝など貨幣については、1636年幕府は{{ruby|銭座|ぜにざ}}を開いて、'''{{ruby|寛永通宝|かんえいつうほう}}'''を発行し国内の通貨だけで取引ができるようになりました。
:一方で、日本からの輸出品は、金や銀、人(奴隷、戦国時代敵国の領民をさらって売った)、海産物加工品({{ruby|干|ほ}}し{{ruby|鮑|あわび}}、干しナマコなど)でした。秀吉の天下統一以降は、奴隷の輸出はほとんどなくなり、金や銀ばかりになったのですが、日本国内でも商業が盛んになるなどして、金や銀を国外に持ち出すと貨幣が足りなくなり困るようになりました。
:こうして、江戸時代になると、中国との貿易の必要がなくなって、江戸幕府は朝貢貿易はやりませんでした。その他も次第に規模が小さくなっていきました。
</small>
|}</div><!--
<div style="margin:0 2em 0 4em">
{| class="wikitable" style="width:100%"
|'''【脱線 - 覚えなくてもいい話】<span id="鎖国"/>鎖国までの道のり<small>
:秀吉も家康もキリスト教の布教を禁止し、ポルトガル人やスペイン人の宣教師は国外へ追放しましたが、南蛮貿易は、大きな利益をもたらしていたため、そのまま継続し、それにかかわる宣教師以外のポルトガル人などの往来は自由になされていました。そのため、幕府などに隠れて布教は進み、キリシタンの数は増えていきました。
:1609年キリシタン大名{{ruby|有馬晴信|ありまはるのぶ}}の朱印船が、途中の寄港地ポルトガル領マカオで船員にトラブルがあり、:1616年幕府は、明船以外の外国船との貿易を{{Ruby|長崎|ながさき}}と{{Ruby|平戸|ひらど}}のみに制限しました。
:それでも、1620年商人といつわってスペイン人宣教師が日本に入国しようとした事件があり、それをきっかけに1622年長崎でとらわれていた宣教師とキリスト教徒55人を処刑するなど、幕府はキリスト教対策に追われ、1624年、まず、スペイン人の来航を禁止しました<ref>ポルトガルとの通商が認められたのは、ポルトガルはマカオを有しており、中国との間の取引が、オランダだけでは不安だったからです。</ref>。
:幕府は、その後も規制を強め、1635年には外国船の入港を長崎のみに限定、東南アジア方面への日本人が国外に出ることと[[小学校社会/6学年/歴史編/戦乱の世の中と日本の統一-戦国時代・安土桃山時代#日本人町|東南アジアに住んでいた日本人]]の帰国を禁止しました。
</small>
|}</div>
--><!--
<div style="margin:0 2em 0 4em">
{| class="wikitable" style="width:100%"
|'''【脱線 - 覚えなくてもいい話】<span id="島原の乱"/>島原の乱<small>
:この地域は、海をへだてて隣接しており、島原地方は{{ruby|有馬晴信|ありまはるのぶ}}、天草地方は{{ruby|小西行長|こにしゆきなが}}と、もともとともにキリシタン大名がおさめていたところでした。天草地方は、1600年、小西行長が関ヶ原の戦いで西軍について、やぶれて処刑されたので、唐津(現在に福岡県唐津市)をおさめる{{ruby|寺沢|てらさわ}}氏の領地になっていました。一方、島原地方は、有馬晴信は、[[#岡本大八事件|1612年の幕臣汚職事件]]で処罰されたため、子孫は[[#国替|国替]]となり、かわって、{{ruby|松倉|まつくら}}氏がおさめていました。
:この地域は、海をへだてて隣接していますが、島原地方も天草地方も、もともとキリシタン大名がおさめていたところに
:島原では、松倉氏が、あらたに城を作るなどのために農民から非常に重い年貢をとりたてていました。また、キリスト教徒への迫害もはげしく、{{ruby|棄教|ききょう}}<ref>キリスト教を信仰することをやめること。</ref>をするように、きびしい{{ruby|拷問|ごうもん}}をしたり、棄教しない者は処刑したりしていました。天草でも、寺沢氏が同様に農民に重い年貢をかけ、キリスト教とを迫害していました。
はキリシタン大名であった{{ruby|松倉|まつくら}}氏が天草地方を
:島原には有馬晴信に、天草には小西行長につかえていた元武士の庶民が数多く残っていて、この人たちが集まって反乱を起こすことをくわだてました。総大将には、キリシタンの間で人気のあった当時16歳の{{Ruby|天草四郎|あまくさしろう}}(小西行長の家臣の子)をむかえました。キリシタンを総大将にしたのは、ポルトガルが応援することを期待したのではないかと言われています。
:島原と天草で、ほぼ同時に兵をあげ、天草でもいくつかの城を落としましたが、ばらばらに戦うことは不利ということで、天草の一揆の人々は、島原にうつり、有馬氏の城であった原城にこもりました。この数は27000人から37000人にのぼると言われています。
:この一揆は、領主によるきびしい政治が主な原因で、一揆の農民はキリスト教徒ばかりではなかったのですが、幕府は禁止するキリスト教徒の反乱として、九州各地の大名に兵を出すように命じこれを鎮圧しようとしました。最初は、役職の軽い大名に指揮を取らせようとしましたが、九州の大名は大大名が多くうまくいかず、幕府側は多くの死傷者をだします。幕府かこれに替えて、将軍家光の側近であった老中{{ruby|松平信綱|まつだいらのぶつな}}を総大将に派遣し、12万人の軍勢によって、原城にこもった人々は皆殺しにされ、一揆は鎮圧されました。
</small>
|}</div>-->
 
==== 江戸時代の北海道と沖縄 ====
:現在の北海道と沖縄県は戦国時代まで、朝廷の支配に服することもなく、今まで学習してきた日本の歴史と違う歴史を歩んできました。戦国時代後期になって、日本本土でもこの2つの地域との関係がもたれるようになります。江戸時代になると、北海道には、 {{Ruby|松前藩|まつまえはん}}がおかれ、沖縄は、{{ruby|薩摩|さつま}}藩を通じて本土と深く関係するようになりました。
; {{Ruby|北海道|ほっかいどう}}
:北海道は、日本人(和人)には、古くからそこにあることは知られていましたが、稲作かできる北の限界より北にあって、税をはじめとした、日本の生活をおくるのはむずかしい土地でした。そこには、今はアイヌ民族と呼んでいる人々が住んでいました。日本本土ではこの人々を、「'''えみし'''<ref>平安時代ころまでは東北地方で、朝廷に反抗する人々の意味で、アイヌ民族だけをさしたものではありませんでした。この当時、この人々を征服するために作られた役職が「[[小学校社会/6学年/歴史編/武家社会の始まり-鎌倉時代#将軍|征夷大将軍]]」です。</ref>」または「'''えぞ'''」(漢字はどちらも「蝦夷」という字を当てます)と呼んで、北海道のことは「{{ruby|蝦夷地|えぞち}}」と呼んでいました。
:平安時代の末期から、北海道の最南端に和人が住みはじめました。この人たちは主にアイヌの人たちと物々交換(交易)をしていました。アイヌからは、乾燥したサケ・ニシン・クマやキツネの皮・矢羽の原料とする鷹の羽・海草・木材を、和人はそれに替えて鉄製品・漆器・米・木綿などと交換していました。
:この、居住和人を取りまとめていた豪族の中から、{{ruby|蠣崎|かきざき}}氏が有力なものとなり、秀吉に領主としての地位を認められ、1599年居城の{{ruby|松前|まつまえ}}城から{{ruby|松前|まつまえ}}氏とあらため、家康によってアイヌとの交易は松前氏が独占することが認められました。松前氏はのちに大名としてあつかわれますが、大名で唯一、米の収穫高(石高)ではなく商品の取引量で大名の格が決まる藩でした。
:17世紀に入ると中国の北部から{{ruby|樺太|からふと}}島などをとおって中国の物品が入ってきて、アイヌの人々が和人に伝えましたが、交易の条件などで対立することもあり、17世紀の中ごろの'''シャクシャイン'''の反乱のように和人とアイヌの人々の間で争いが生ずることもありました。
;沖縄 - {{Ruby|琉球|りゅうきゅう}}王国
:現在の沖縄県にあたる地域は、歴史上ずっと日本民族が居住していたところですが、朝廷や幕府などの支配にはならない地域でした。
:14世紀頃から沖縄本島に小さな国が分立し明に朝貢していましたが、15世紀に統一され、{{Ruby|琉球|りゅうきゅう}}王国が誕生しました。
:江戸時代の初めごろ、{{ruby|薩摩|さつま}}の{{ruby|島津|しまづ}}氏が攻め入って、服従させました。ただし、国の形は琉球王国のままで、毎年、薩摩藩へ{{ruby|貢納|こうのう}}を強制しました<ref>薩摩藩は、琉球王国の石高を約9万石と見積もり、年に約1万石の貢納を要求しました。琉球王国の全ての生産の1/9ということです。また、沖縄は長い川や広い平野が少なく大規模な稲作ができなかったため、薩摩藩は、代わりにサトウキビを栽培させ、砂糖をおさめさせていました。</ref>。薩摩藩が琉球王国のままとしたのは、中国との[[小学校社会/6学年/歴史編/室町文化の誕生-室町時代#朝貢貿易|朝貢貿易]]を続けさせるためした。琉球王国は、明に続いて清にも朝貢し、中国の産物を手に入れ、それを薩摩藩が日本国内に売って利益を得ていました。
 
== 脚注 ==