「高等学校美術I」の版間の差分

→‎日本の小学校、中学校、高等学校における一般的な美術教育の傾向について。: ;商業イラストと芸術との違い 最後に、念のため指摘しておきますが、日本ではマンガやアニメが流行しているので読者のなかにはそういった分野の絵描きの進路を志望する人もいるかもしれませんが、しかし中学高校の美術教育の傾向はそういった日本の商業マンガ・商業アニメの仕事で要求される技能の傾向とは大きく異なっています。
(→‎日本の小学校、中学校、高等学校における一般的な美術教育の傾向について。: 軍事教育と図工の関係の出典が消されていたが、あいまいな出典ではあるが出典を消すわけにはいかないので、非表示タグによって出典を追加。あと、「クドクド」という主観的表現を「長々と」という客観的表現に言い換え。)
(→‎日本の小学校、中学校、高等学校における一般的な美術教育の傾向について。: ;商業イラストと芸術との違い 最後に、念のため指摘しておきますが、日本ではマンガやアニメが流行しているので読者のなかにはそういった分野の絵描きの進路を志望する人もいるかもしれませんが、しかし中学高校の美術教育の傾向はそういった日本の商業マンガ・商業アニメの仕事で要求される技能の傾向とは大きく異なっています。)
 
1990年代までの普通の学校での美術教育は、わりに写実画を重視していたが、2000年以降は、あまり写実にこだわらず、いろいろな発想で絵を描くように指導しているようだ。
 
 
;商業イラストと芸術との違い
最後に、念のため指摘しておきますが、日本ではマンガやアニメが流行しているので読者のなかにはそういった分野の絵描きの進路を志望する人もいるかもしれませんが、しかし中学高校の美術教育の傾向はそういった日本の商業マンガ・商業アニメの仕事で要求される技能の傾向とは大きく異なっています。
 
別に小中高の美術教育はマンガ業界・アニメ業界のためだけに存在しているわけではないので、
小中高の美術教育が現状のようになっているのも合理的ですが(イラストレーター志望者以外にも将来的に一般企業のサラリーマンなどになる人も中学高校の芸術教育を受けるので)、
 
ただし、もし読者が勘違いで、「中学高校美術のような教育方針が、商業イラスト産業のスタンダードだ」(×、勘違い)と誤解していると、若いうちの進路を大きく間違えかねないとだけ忠告しておきます。(具体的にどの分野の商業イラストがどんな傾向かについては、専門的であるため普通教育の範囲を超えるので、本『美術I』では説明しません。)
 
== 出典など ==
23,473

回編集