「高等学校美術I」の版間の差分

→‎日本の小学校、中学校、高等学校における一般的な美術教育の傾向について。: 村上隆が検定教科書に紹介される人物ことの出典として、光村も追加。なお前編集以前に日本文教出版の出典も追加してある。
(→‎日本の小学校、中学校、高等学校における一般的な美術教育の傾向について。: ;商業イラストと芸術との違い 最後に、念のため指摘しておきますが、日本ではマンガやアニメが流行しているので読者のなかにはそういった分野の絵描きの進路を志望する人もいるかもしれませんが、しかし中学高校の美術教育の傾向はそういった日本の商業マンガ・商業アニメの仕事で要求される技能の傾向とは大きく異なっています。)
(→‎日本の小学校、中学校、高等学校における一般的な美術教育の傾向について。: 村上隆が検定教科書に紹介される人物ことの出典として、光村も追加。なお前編集以前に日本文教出版の出典も追加してある。)
==日本の小学校、中学校、高等学校における一般的な美術教育の傾向について。==
日本の普通の学校における美術教育は、世界的にみるとかなり特殊らしい。ある編集者(仮にAとする)がまず示した出典、2010年におけるニコニコ動画の投稿<ref>[https://www.nicovideo.jp/watch/sm12926060 村上隆の芸術闘争論#2 日本の美術教育はどう特殊なのか(vs森川嘉一郎)] 投稿日時 2010/12/03 17:11、2021年9月8日に確認</ref>によると、二人の美術関係者がかなり長々と現状の学校美術教育を批判している。
:※ 村上隆はいちおう、高校美術の教科書でたびたび紹介されるほどの実績のある芸術家ではあるが<ref>最近のものだと、たとえば [https://www.nichibun-g.co.jp/textbooks/k-bi/2022_bi01_2/textbook/ 日本文教出版 (令和4年度新版教科書)「高校美術」 村上隆「五百羅漢」] (2022年1月7日に確認)の「」</ref><ref>[https://www.mitsumura-tosho.co.jp/kyokasho/k_bijutsu/29bi/keisaisakka/index.html ページ『掲載作家一覧 | 現行版 美術1 | 高等学校 美術 | 光村図書出版』、 ] 2022年1月7日に確認. </ref>、しかし彼の見解が別に世界の美術教育公式見解多数説や有力説などわけでは証拠もないので、興味なければ出典動画を見に行く必要は無いだろうと忠告していく。
 
編集者Aはさらに、アーツ・アンド・クラフツ運動と独国バウハウスについて言及しているが<ref>[https://www.mext.go.jp/content/20200609-mxt_jogai01-000007843_002.pdf 高等学校情報科「情報Ⅱ」教員研修用教材 第1章 - 20200609-mxt_jogai01-000007843_002.pdf] 『情報社会の進展と情報技術』 P40、2021年9月8日に確認</ref>、前者は工業製品、大量生産品のオブジェクトとしての安易さ、粗悪さを批判しそれを改善することを目的としていただろうし、後者はデザインに合理性、機能性を求めた美術教育の話だが、どちらにせよ、日本の美術教育の傾向に絡める必要もない話だろう(※ ←個人的見解)。
 
;商業イラストと芸術との違い
最後に、念のため指摘しておきますが、日本ではマンガやアニメが流行しているので読者のなかにはそういった分野の絵描きの進路を志望する人もいるかもしれませんが、しかし中学高校の美術教育の傾向はそういった日本の商業マンガ・商業アニメの仕事で要求される技能の傾向とは大きく異なっています。例として挙げたマンガ・アニメの他の分野でも、商業に求められる能力と、中学高校の教育傾向とは異なっている場合が割と多いでしょう(例外は、学校美術の教員ぐらいか)
 
別に小中高の美術教育はマンガ業界・アニメ業界のためだけに存在しているわけではないので、
小中高の美術教育が現状のようになっ商業の流行から隔絶されているのも合理的ですが(イラストレーター志望者以外にも将来的に一般企業のサラリーマンなどになる人も中学高校の芸術教育を受けるので)、
 
ただし、もし読者が勘違いで、「中学高校美術のような教育方針が、商業イラスト産業のスタンダードだ」(×、勘違い)と誤解していると、若いうちの進路を大きく間違えかねないとだけ忠告しておきます。(具体的にどの分野の商業イラストがどんな傾向かについては、専門的であるため普通教育の範囲を超えるので、本『美術I』では説明しません。)
23,473

回編集