「高等学校美術I」の版間の差分

タグ: 差し戻し済み 2017年版ソースエディター
タグ: 2017年版ソースエディター
基本的に娯楽、芸術を職業とすることは、ある意味常識的な道筋を外れたことであり、悪い言葉で言えばある意味やくざな仕事で、あらゆる人にとって魅力を感じる進路である一方で、人生自体がかなり波乱に満ちた紆余曲折を体験することになると思います。
 
=== 世界から日本特殊性 普通学校美術===
日本の普通の学校における美術教育は、世界的にみるとかなり特殊らしい。ある編集者(仮にAとする)がまず示した出典、2010年におけるニコニコ動画の投稿<ref>[https://www.nicovideo.jp/watch/sm12926060 村上隆の芸術闘争論#2 日本の美術教育はどう特殊なのか(vs森川嘉一郎)] 投稿日時 2010/12/03 17:11、2021年9月8日に確認</ref>によると、二人の美術関係者がかなり長々と現状の学校美術教育を批判している。
:※ 村上隆はいちおう、高校美術の教科書でたびたび紹介されるほどの実績のある芸術家ではあるが<ref>最近のものだと、たとえば [https://www.nichibun-g.co.jp/textbooks/k-bi/2022_bi01_2/textbook/ 日本文教出版 (令和4年度新版教科書)「高校美術」 村上隆「五百羅漢」] (2022年1月7日に確認)</ref><ref>[https://www.mitsumura-tosho.co.jp/kyokasho/k_bijutsu/29bi/keisaisakka/index.html ページ『掲載作家一覧 | 現行版 美術1 | 高等学校 美術 | 光村図書出版』、 ] 2022年1月7日に確認. </ref>、しかし彼の見解が別に世界の美術教育の多数説や有力説などと言う証拠もないので、興味なければ出典動画を見に行く必要は無いだろうと忠告していく。
 
編集者Aはさらに、アーツ・アンド・クラフツ運動と独国バウハウスについて言及しているが<ref>[https://www.mext.go.jp/content/20200609-mxt_jogai01-000007843_002.pdf 高等学校情報科「情報Ⅱ」教員研修用教材 第1章 - 20200609-mxt_jogai01-000007843_002.pdf] 『情報社会の進展と情報技術』 P40、2021年9月8日に確認</ref>、前者は工業製品、大量生産品のオブジェクトとしての安易さ、粗悪さを批判しそれを改善することを目的としていただろうし、後者はデザインに合理性、機能性を求めた美術教育の話だが、どちらにせよ、日本の美術教育の傾向に絡める必要もない話だろう(※ ←個人的見解)。
 
最初の動画では、学校の美術のペラペラの教科書が批判され、然しこの人物のくどい説明に眩暈がしてきたので(※ ←編集者個人の体験)、結局どういう美術教育が良いと考えているのかわからなかったので、興味のある方々はリンク先のこの動画の方を観ていただきたい。
 
:※ ちなみに村上隆はこの国の現代美術の分野でトップランナーとみなしてちおうい芸術家で、高校美術の教科書でたびたび紹介されていほどの実績のある芸術家ではあるが<ref>最近のものだと、たとえば [https://www.nichibun-g.co.jp/textbooks/k-bi/2022_bi01_2/textbook/ 日本文教出版 (令和4年度新版教科書)「高校美術」 村上隆「五百羅漢」] (2022年1月7日に確認)</ref><ref>[https://www.mitsumura-tosho.co.jp/kyokasho/k_bijutsu/29bi/keisaisakka/index.html ページ『掲載作家一覧 | 現行版 美術1 | 高等学校 美術 | 光村図書出版』、 ] 2022年1月7日に確認. </ref>、しか。然この頁の一編集者S は、彼の見解が別に世界の美術教育の多数説や有力説などと言う証拠もないので、興味なければ出典動画を見に行く必要は無いだろうと忠告してい
 
明治時代の日本における小中高の美術教育の方針は、工場労働者などの職人を育てるため、手先の器用さを育成したい、という意図があったようだ。特に当時の軍部が、美術教育によって、手工業職人的な手先の器用さ、物づくりの技術育成の教育が必要、重要だと考えていたようである。<!--
1,425

回編集