「高等学校美術I」の版間の差分

→‎メルクマール: どうもエディタの動作がおかしい気もする…
(→‎日本の小学校、中学校、高等学校における一般的な美術教育の傾向について。: 俺の目で世界を見れば,大体こんな感じだね。しかしすじ肉はどんな気持ちで前の文を書いたの?会社は個人に合わせないらしいけど,合わせてくれなんて言った奴いる?)
タグ: 2017年版ソースエディター
(→‎メルクマール: どうもエディタの動作がおかしい気もする…)
タグ: 2017年版ソースエディター
 
表現の自由の議論などとも関わりのある表現規制の話をするなら、たとえば、90年代前半に「暴力シーンが教育に悪い。犯罪を増やしてる!」などと評論などで批判され始めた映像ジャンルは、漫画やアニメなども含まれますが、しかし主にはホラー映画などの、ホラー作品でした(洋画『13日の金曜日』(いわゆるジェイソン)とか『エルム街の悪夢』(いわゆるフレディ)とかです)。当時の時事評論マンガ『ゴーマニズム宣言』(小林よしのり 作)で、90年代前半の当時ホラー映画などに規制の動きがあったことが、作者小林によって批判されています。
==日本の小学校、中学校、高等学校における一般的な美術教育の傾向について。==
 
===漫画、アニメーション、芸術、学校美術科と進路===
この国では漫画やアニメーションが盛んですし、将来そういう分野の絵描きになりたいと思う高校生も多いと思います。前編集者S は学校での美術教育は商業的な漫画やアニメーション制作のための訓練や学習としては、不十分だし方向性も違うと大上段に語っていますが、そもそも高校までの普通科の美術教育は、ほんの絵画世界の片りんに触れているだけにすぎませんので、あえて得意げに語ることではないでしょう。職業として絵描きを目指す高校生は、それぞれ自分自身で情報を集め、絵の練習も繰り返しているでしょうし、学校には美術部がたいていあるでしょうし、学校以外でも絵画の勉強をできる場所はたくさんありますよね。そして進路に関しては学校の美術教師が相談に乗ってくれるでしょう。
1,425

回編集