「民法第877条」の版間の差分

編集の要約なし
 
編集の要約なし
#REDIRECT [[法学]]>[[民事法]]>[[コンメンタール民法]]>[[第4編 親族 (コンメンタール民法)]]>[[民法第877条]]
 
==条文==
([[w:扶養]]義務者)
 
第877条
# 直系血族及び兄弟姉妹は、互いに扶養をする義務がある。
# [[w:家庭裁判所]]は、特別の事情があるときは、前項に規定する場合のほか、三親等内の[[w:親族]]間においても扶養の義務を負わせることができる。
# 前項の規定による審判があった後事情に変更を生じたときは、家庭裁判所は、その審判を取り消すことができる。
 
==解説==
 
==参照条文==
 
{{stub}}
[[category:民法|877]]
匿名利用者