「BASIC」の版間の差分

 
=== 古いBASICの入手方法 ===
フリーソフトなどとして、BASICの実行環境が、無料配布されています。ネット上のフリーソフト配布サイト(「vector」などのサイトがある)などでBASICの実行環境ソフトが、有償または無料で公開されていますので、そこからダウンロードするなどの方法があります。
 
なお、かつて国内で主流であったN-BASICやF-BASICを出していた会社は、現在はBASIC言語の開発や販売をしていません。それらの会社は90年代〜2005年ごろまではBASIC言語を生産販売していましたが、そのころにはワープロソフト、表計算ソフト、ハガキ印刷ソフトなど目的別に高機能なソフトが販売されていて、一般的な消費者はわざわざプログラミング言語を修得する必要がなくなってしまったからです。また、業務としてプロブラムを作成する人たちは応用力の高い他の言語を使用するため、BASICは趣味の領域でわず学校の情報授業で利用されるにとどまるからです。
 
その代わりに、他の企業や個人がフリーソフトなどで、それら古いBASICの実行環境を再現したアプリケーションを制作しておりネット上のフリーソフト配布サイト(「vector」などのサイト)などで公開されている、・・・といった状況です。
 
 
匿名利用者