「日本語/品詞」の版間の差分

編集の要約なし
M編集の要約なし
編集の要約なし
:例 「''私は新しいボールペンを使った''」という文があるとする。文節に分けると「''私は 新しい ボールペンを 使った''」この時、''私は'' という文節は ''私 は'' とわけられる。この「''私''」が自立語。「''は''」が付属語。同様に、「''ボールペン''」が自立語。「''を''」が付属語。「''使った''」は、''使う''に''た''がついた''使いた''の促音便だから''使っ''と''た''に分けられ同様に前者が自立語、後者が付属語。
 
===活用について===<!--この節は用言に移動したほうがよろしいのでは?-->
*活用の仕方には、口語では、''未然形''、''連用形''、''終止形''、''連体形''、''仮定形''、''命令形''の六種類がある。活用形の名称(たとえば未然形)は、その活用形を用いて表わされる意味のうちの一つ(未然)をもって命名したものにすぎず、その活用形(未然形)がただちにそのこと(未然)を意味するのではないことがある。
:*未然形・・未だその然るべき状態になっていない活用形。具体的には否定や、推量、勧誘の[[日本語/品詞/付属語/助動詞|助動詞]]などがついたときの活用の仕方。文語では、仮定表現でも使われる
:*連用形・・用言に連なる活用形。''~た''や''~ます''、''~たい''などに連なるときも同じ形。
:*終止形・・~。がきて、止める形。言い切りの形。
:*連体形・・体言に連なる形。これ自体、体言として扱われることもある
:*仮定形・・仮定する形。~ば、の形。文語では已然形といい、確定条件をあらわすこと、また係り結びの結びをなすことがある
:*命令形・・命令する形。
 
匿名利用者