「学習方法/高校英語」の版間の差分

予備校の単語集は何をしているか
(後半部の修正)
(予備校の単語集は何をしているか)
自分で単語集を予習する際は、次のペースで予習します。
:・ 高校1年: 「高校必修」レベル(3000語レベル)〜「センター試験」レベル(4500語レベル付近)の単語を高校1年の終わりまでに全部勉強する。
:・ 高校2年: 「センター試験」レベル(4500〜5500語レベル)の単語を高校2年の終わりまでに全部勉強する。
:・ 高校3年: 「二次試験」レベル(5500〜6000(4500語レベル+アルファ)の単語を高校3年の2学期の終わりくらいまでに全部勉強する。
 
つまり、高校1年のあいだに、予習をして、「高校必修」(3000語レベル)およびレベルの単語集を、ひととおり書き写して、勉強してしまう必要があります。(覚えられるかどうかは別として。) 4500レベルまでいければ理想ですが、それが無理でも必ず高校1年のあいだに3000レベルを終わらせてください。これが終わらせられないと、大学受験の現役合格は難しいでしょう。一見するとハイペースですが、実は後述のように中学で習う単語が3000レベルには多いので、意外とラクです。
 
なので、とにかく、予習をして、単語集の先のほうへと進んでいくのが、合理的な勉強法なのです。
 
 
==== 予備校系パターン ====
単語集にはさらに、「論理性重視で解説が多めの単語集」と「単語が多めの単語集」があります。
 
で、桐原・東京書籍・旺文社は、実は単語が多めの単語集です。
高校単語の範囲は広いので、少なくとも4500語レベルについては、まずこの3冊のうちの2冊が、受験までに、ほぼ必須で必要です。
 
しかしこれだけだと、論理的な知識が不足します。桐原などの単語数が多めの単語集などでは、スペース不足などの都合で解説できない知識が、いくつもあるのです。
 
そういうのを、予備校などの補足的な単語集で補う必要があるのです。だからもう高校2年の半ばあたりから、予備校系の単語集も読み始めてしまうのも、良いかもしれません。
 
ですが、あくまで予備校単語集「も」です。基本はまず、桐原・東京書籍・旺文社のような、高校英語を一通りカバーしている単語集をベースにするべきでしょう。
 
=== 単語の練習法 ===
==== 上級レベル(4500~5500)の単語集について ====
===== 原則 =====
もし大学受験を目指しているなら、高校3年くらいになったら、4500語+アルファの単語集にステップアップします。ここでいうアルファは、予備校などの出している、補足的な単語集です。
 
いっぽう、桐原の5500語レベルの単語集は、あれは志望校などの傾向の確認用などで、辞書的に使うものです。
 
桐原5500をメインにするべきではありません。桐原4500語または東京書籍4500語を一通りクリアしたのなら、メインの単語集としては旺文社1900または予備校系の単語集に入るべきです。
 
 
難関大向けの上級5500語レベルの単語集の使い方なのですが、かなり難しいです。ここでいう上級5500語レベルとは、桐原『データベース5500』を想定しています。
 
旺文社の(1200ではなく)『英単語ターゲット1900』も、やや上級レベルでしょう。旺文社のは、数字の小ささにダマされてはいけません。桐原や東京書籍の数字とは、旺文社の数字は意味が違います。
 
旺文社の(1200ではなく)『英単語ターゲット1900』は、実はやや高レベルです。東京書籍4500・桐原4500にはない単語でも、旺文社1900には記述されていることもあります。なお、それらの単語の元ネタは、受験過去問もありますが、じつは英検2級~準1級あたりです。
 
旺文社の(1200ではなく)『英単語ターゲット1900』も、やや上級レベルでしょう。旺文社のは、数字の小ささにダマされてはいけません。桐原や東京書籍の数字とは、旺文社の数字は意味が違います。
旺文社ターゲット1900を読むと、後半で、明らかに桐原4500よりも高レベルの単語が頻出しています。
 
 
じつは、1990年代の単語集が今よりも少ない時代、基本的に「'''学校では桐原'''をつかい、'''塾・予備校では旺文社'''」という二足スタイルが基本的な受験英語の勉強スタイルでした。
 
ういう歴史的な経緯のため、桐原4500はその装丁(そうてい)の厳めしさなどに比べて、実はやや単語のレベルは控えめです。東京書籍も桐原のスタイルを踏襲しているような所があり、やや控えめのレベルです。
 
だから旺文社は、派生語などで、桐原・東京書籍が紹介してない単語をポンポンとたくさん紹介しています。
 
このため、現代でも勉強法としては「まずは高校2年の終わりまでに東京書籍または桐原の出している高校用参考集をベースに勉強。高校3年あたりで旺文社のレベル高めの単語集を買い足して勉強するいった感じになるでしょうか。
 
 
4500語レベル単語集では、桐原と東京書籍のどちらの単語集でも不足です。なぜならまず単語集1冊だけでは、例文不足かつ解説不足により、あまり役立ちません。なので少なくとも上級レベルだけ、出版社を変えて2冊、必要でしょう。東京書籍4500+旺文社1900にするか、それとも桐原4500+旺文社1900にするか、判断は読者に任せます
 
 
それでも、まだしも大学受験用の単語集は、なんとか教育効果を高めようとした形跡も見られるのでマシです。なので、単語集を2つ組み合わせると、なんとか役立ちます。一方、TOEIC 高得点用の教材とか英検の1級あたりの教材の単語集とか、やたらと単語数を多くしているばかりで、ひどいものです。(資格本の活用法については別セクションで述べる。要点:出題傾向を把握する目的だけに英語資格本を使う。)
 
===== 4500語以のスペルは実は覚えなくていい =====
実を言うと英語のスペルの暗記については、4500語レベルおよびそれ以上のレベルの単語のスペルは、まず覚える必要が低いです。
 
大学側だって馬鹿じゃないので、現役高校生には国語や数学などの勉強も必要だと分かっているので、それほど基本的でない単語のスペル暗記に、時間をかけさせたくありません。
 
また、グローバル人材の育成などを目指す大学ならば、英作文などを要求してくると思いますが、だったら英作文で使うようなレベルの中級英語(4500)で十分なのです。むしろ、4500語レベルですらスペルミスなく習得していたら、かなりの勉強家です。
 
だから上級ましてや5500語レベルの単語については、読解問題で出題されたときに意味を把握できればいいのです。
 
 
 
諸般の事情で、東京書籍・桐原・旺文社が紹介していないが、高校生に勉強してほしい定番の単語みたいなのがあって、そういうのが予備校系の単語集で紹介されています。
 
==== 予備校の単語集は何をしているか ====
歴史的な事情で、今の4500語レベルの単語集には書かれていないが実は昔の1990年代ごろまでの高レベル単語集には書かれていた単語があります。
 
そういう単語が、難関大学で狙われるかもしれません。
 
旺文社1900や桐原・東京書籍4500語にない単語の正体のひとつは、そういう昔の課程の単語です。
 
で、それが予備校系の単語集の元ネタのひとつでもあります。
 
東京書籍・桐原の3000語レベルや4500語レベルで旅行会話のような実用英語が増えたりビジネス英単語などが増えたので、昔なら4500語レベルに書いてあった単語のいくつかが今は5500語レベルにハミ出ているのです。
 
なので、予備校などの出す、受験レベルの単語集が1~2冊は必要です。そういうハミ出た単語だけ、あとは予備校系の単語集で抑えておけば十分なのです。
 
 
予備校の単語集を見てみましたが、実はそれほど特別な英単語はないのです。また、じつは、桐原4500などの学校向け単語集の単語すべてを均等に覚える必要はなく、やや傾向があります。
 
たとえば旅行英語で使う単語など、検定教科書にあるから桐原・東京書籍は紹介しているものの、あまり大学が重視してない項目もあります。
 
だから、桐原/東京書籍 に加えて、旺文社ターゲット、さらに別の予備校系などの高校3年レベルの単語集を何か1~2冊つかって知識の穴埋めをすれば、もう十分でしょう。
 
もしかしたら、高校2年からもう、予備校の出版している難関向けの単語集を使ってもいいかもしれません。
 
 
市販の予備校の単語集を見ても、けっして、桐原5500語レベルの単語を片っ端からは教えていません。桐原5500のアレは、高校生には習得が無理だと思われているのでしょう。
 
==== 受験英語の特殊事情 ====
大学受験英語の特殊な事情ですが、明らかに高校範囲外で実用的にもメッタに使われていない英単語が難関大学で出されており、当然に読めないのですが、しかしなぜか他の文章の単語から文脈にとって意味をとれるようになっています。
 
もちろん、現実ではそんな好都合なことは滅多に無いのですが、受験の英文はたいてい都合よくそうなっています。
 
また、万が一、他の英文の文脈から読めない単語が出ても、どうせ他の多くの受験生も解けないので、そういう問題は解けるようにしておく必要がありません。
 
 
ともかく、入試対策としては最低限、東京書籍4500・桐原4500をベースに、さらに旺文社1900で派生語を固める必要があります。
 
しかし、それとは別に、予備校などの出す、プラス・アルファ的な受験レベルの単語集が1~2冊は必要です。
 
歴史的な事情で、今の4500語レベルの単語集には書かれていないが実は昔の高レベル単語集には書かれていた単語があって、4500語と旺文社1900をひととおりクリアしたあとは、そういう歴史的経緯のある単語だけ予備校単語集で攻略すればいいのです。
 
==== 英単語集の読書計画 ====
高校生は、よく読書などの指導で「(日本語の)小説を読め」などと指導されるかもしれません。
 
ですが、この指導は間違っています。そもそも文学ばかりに偏重した指導も問題ですが、それを抜きにして受験対策だけを考えるにしても、
 
もっと英語の単語集を読むのが合理的です。
 
小説好きな人が趣味と自覚して日本語の小説を読むのは構いませんが、しかしそれが入試対策だと思ってるなら、それは勘違いです。
 
もし、小説ばかりを入試対策として読んでいる場合、そもそもの国語と英語の読書時間の配分が根本的に間違っている可能性があります。(国語の読書法や勉強法については、英語の学習方法ページの範囲外なので本ページでは触れません。)
 
 
なので、最初から高校在学中の読書計画に、英単語集の読書を想定して組み込んでおくと良いでしょう。また、桐原・東京書籍・旺文社あたりに基本の単語集とは別に、他社の少しだけ発展的な単語集を読書感覚で読むと良いでしょう。
 
高校必修の範囲を越えた単語や派生語などは、読書感覚でひととおり解説に目を通すだけの単語集の勉強でも十分に対応できる場合も多くあります。
 
しかし、いちども読んだこともない単語は、さすがに入試で対応できません。だから、一度でも解説に目を通してしまえば、済む単語も多くあるのです。
 
なので、広く浅くでいいので、読書しておく必要があります。
 
 
23,377

回編集