「Asciidoc」の版間の差分

(コメント機能)
もし、こめ印そのものを表示したいのに、箇条書きと認識して反応してしまう場合、エスケープシーケンス「\」を先頭につけくわえるなどすればいい。他の制御文字も、だいたい同様の対処法で上手く行くらしい。
 
なお、asciidoc のエスケープシーケンスは、バックスラッシュ「\」である。他の多くの言語でもエスケープシーケンスはバックスラッシュであるので、プログラマー基礎知識として覚えよう。
 
「エスケープシーケンス」とは何かについては、手短かに言うと、制御文字そのものを、制御文字としてではなく、単なる表示文字として出力させたい場合に使う特別な制御文字のことがエスケープシーケンスである
 
「エスケープシーケンス」とは何かについては、これ以上は詳しくは説明しませんない。標準的なプログラム言語の入門書に書いてあります
 
なお、エスケープシーケンスそのものを表示したい場合、2つ続けて「//」のように入力することで、だいたい、どの言語でも上手く表示されまするだろう
 
== コメント機能 ==
23,474

回編集