「Asciidoc」の版間の差分

太字と斜体
(太字と斜体)
なお、エスケープシーケンスそのものを表示したい場合、2つ続けて「//」のように入力することで、だいたい、どの言語でも上手く表示されるだろう。
 
=== コメント機能 ===
一般のプログラム言語などのコメント機能と同様に、実行結果では表示しないテキストである「コメント」を、ソースファイルであるadocファイルに加えることができる。
 
 
でadocのコメントになる。
 
=== 太字と斜体 ===
原則的に、<nowiki>*</nowiki> と <nowiki>*</nowiki>で囲んだ文字が太字になります。
 
つまり、
 
*ここは太いはず* だし、 こっちは細いはず
 
なら、
 
'''ここは太いはず''' だし、 こっちは細いはず
 
のように「*」で囲んだ部分だけが太字で表示されるはず。
 
 
ただし、文頭と行末以外は、半角スペースが認識のために必要である。
 
半角スペースが無い場合に、太字にさせたい場合は、
<pre>
*太字A* と **太字B** と**太字C**
</pre>
 
のように「**」と2つ続ければいい。
 
同様に、斜体(イタリック体)は、アンダーバー「_」で囲めばいい。
 
<pre>
_斜体(イタリック)_ と __斜体(イタリック) __
</pre>
 
実行結果
 
:''斜体(イタリック)'' と ''斜体(イタリック)''
 
である。
 
== 傍注・脚注などの追加 ==
23,474

回編集