「学習方法/高校情報」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
高校レベルの初心者は時間が足りないので、プログラミング言語の文法を学ぶことは積極的には勧めません。なぜなら、5教科と両立して勉強できるような簡単な言語が現代では少ないからです。
高校生は、まずはワープロソフトの使い方や表計算ソフトの使い方を、学校の情報の授業で練習するなど仕事などでパソコンを必要な時に使えるよいうになることがより重要です。
 
=== 最初に学ぶプログラミング言語 ===
プログラミングで、特にやりたいことが決まっていなく、とりあえずプログラミングっぽいことをしてみたいというような初心者が学ぶプログラミング言語は、文法が簡単で、解説が豊富で、なおかつ汎用性があるものがいいだろう。
 
そのようなものとして、[https://www.python.org/ Python]が挙げられる。Pythonはメジャーなプログラミング言語で英語はもちろん日本語での解説も充実している。Pythonには豊富なライブライリーがあり、数値計算、機械学習、統計、ゲーム、サーバーなど幅広い範囲のプログラミングが出来る。
 
ほかに初心者向きの言語としては JavaScipt などがある。
 
=== 高校生は独学で JavaScript を学ぶことは適切か? ===
1,080

回編集