「都立高対策」の版間の差分

M (→‎過去問: リンク変更)
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
== 学力検査に基づく入試 ==
多くの都立高では、中学校の2学期の内申点の、副教科の評定を2倍にし、9教科の評定を合計した、65点満点の換算内申の300点満点と、学力検査の結果を700点満点にした合計の1000点満点の結果で合否が決まる。20233年度からはさらにスピーキングテスト20点満点を加えた、計1020点満点で計算される。また、一部の都立高ではある科目の筆記試験の比率を大きくした傾斜配点が導入されている。
多くの都立高では、都立共通テストで学力検査を実施するが、日比谷高校、戸山高校、青山高校、西高校、八王子東高校、立川高校、国立高校、新宿高校、隅田川高校、国分寺高校では、自校で作成した学力検査問題(国語、数学、英語)を使用する。理科、社会は、都立共通問題を使用する。国際高校では英語のみ自校作成問題を作成している。
 
=== 過去問 ===
 
[http://www.kokusai-h.metro.tokyo.jp/exam/general.html 都立国際高等学校]
 
== 推薦入試 ==
 
匿名利用者