「高校化学 水銀とカドミウム」の版間の差分

編集の要約なし
M編集の要約なし
編集の要約なし
タグ: 2017年版ソースエディター
 
== カドミウム ==
'''カドミウム'''(Cd)は工業的に重要な金属元素である。ニッケルとともにニッケル-カドミウム電池として用いられたり、黄色の化合物を作ることから黄色絵の具の顔料としても用いられる。
 
カドミウムイオンは硫化物イオンと結合して黄色の沈殿である硫化カドミウムを生じる。
: Cd{{sup|2+}} + S{{sup|2-}} → CdS↓
 
硫化カドミウムは黄色絵の具の顔料として用いられる。
[[ファイル:Cadmium sulfide.jpg|サムネイル]]
== 水銀 ==
水銀は12族の元素である。なお、亜鉛も12族の元素でもある。
 
[[File:Hg Mercury.jpg|right|200px|thumb|水銀]]
'''水銀'''(Hg)は常温常圧唯一液体として存在する唯一の金属である。水銀は他の金属と合金をつくりやすく、水銀の合金を'''アマルガム'''という。
 
 
1,394

回編集