「Linuxハードウェア」の版間の差分

チップセットごとの対応状況を追加しました。
(USBマスストレージクラス、ネットワーク機器に関する説明を追加しました。)
 
(チップセットごとの対応状況を追加しました。)
 
=====無線LAN=====
イーサネットの場合と同様に、[[w:無線LAN]]クライアントとLinuxが通信できるという条件付きなら、無線LANアクセスポイントと無線LANクライアントが通信できることも期待されます。無線LANクライアントのLinuxドライバは扱いが難しいため、これについては後述します。
 
===Linux対応自作PC===
 
ここまでは、[[w:USB]]接続の機器やネットワーク機器など、既に完成しているPCから接続できる機器について触れました。ここからは、まだPCの構成が決まっていない場合に、[[w:Windows]]、[[w:Linux]]の両方が動く構成にするための機器の選びかたについてまとめます。
 
ここからの話題ではある程度[[w:自作パソコン]]の知識を仮定します。例えば、[[w:チップセット]]、[[w:ビデオボード]]などについて把握している必要があります。
 
====Linuxに対応したマザーボード====
 
既にあげたもの以外の機器に対しては、基本的にどれも個別の[[w:デバイスドライバ]]が必要になります。もちろんマザーボード上の各機器に対しても、これは例外ではありません。例えば、あるマザーボードの[[w:SATA]]コントローラに対するLinuxデバイスドライバが無い場合、このPCはSATA接続の[[w:ハードディスク]]を扱うことができません。このため、マザーボード上の各機器に対するLinuxドライバが存在することが、Linuxを実際のPC上で使うために重要になります。
 
残念ながらデバイス供給者のLinuxに対するサポートは、WindowsやMac OSに対するサポートほど徹底してはいません。しかし、一部のメーカはLinuxプラットフォームへの対応を進めています。ここでは、マザーボード上の各機器に対して、Linuxへの対応状況を見ていきます。
 
=====Linuxに対応したチップセット=====
 
[[w:チップセット]]は、マザーボードの中核となるパーツで<!-- あり、[[w:CPU]]、[[w:メモリ]]、及び各種IOを扱いま-->す。チップセットを供給しているメーカは数が少なく、個別の対応状況を見ていくことができます。ここでは、[[w:インテル]]、[[w:NVIDIA]]<!-- 、[[w:ATI]]-->の対応状況を見ていきます。他のメーカについては[[w:チップセット]]などを参照してください。
 
各社が提供するチップセットはオンボードビデオ機能(外付けの[[w:ビデオカード]]を用いる場合もある)、[[w:イーサネット]]インターフェース、サウンド機器、USB2.0対応コントローラ、[[w:SATA]]インターフェースなどの機能を提供します。
 
これらのチップセットを用いるLinux PCは、他の機器を使うこと無く[[w:ハードディスク]]、[[w:イーサネット]]を扱い、更にアクセラレータを用いた高速な画面描画を行うことができます。実際のところ、このようなチップセットに[[w:CPU]]、[[w:メモリ]]、[[w:SATA]]ハードディスクを組み合わせた構成は、ビジネス向けのWindows PCの構成とほとんど変わりません。このため、チップセットの機能が全て使えるなら、Linuxだけでも普段の使用に十分な機能を持つPCが作れると期待できます。
 
======インテルチップセット======
 
[[w:インテル]]のチップセットはインテル自身のCPUに対して用いられます。最近のインテルチップセットは描画機能に加えて、多くのIOを提供します。描画機能についてはオンボードのグラフィック機能のないチップセットを選び、外付けのビデオカードを使うこともできます。しかし最近のインテルオンボードグラフィック機能は、[[w:Windows Vista]]のエアロ機能も十分動かせる高性能なグラフィック機器です[http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2673716.html]。
 
インテルは自社の最新のチップセット(965Gなど)のLinuxドライバを種々のフリーライセンスで提供しています(グラフィック関係のドライバ[http://www.intellinuxgraphics.org/license.html]、それ以外[http://www.intellinuxgraphics.org/related.html])。ドライバは既にkernel.orgなどが提供するソースコードに含まれているため、これらの機器をLinuxで扱うことは容易です。実際にこれらの機能を使えるかどうかは、対応するLinuxディストリビューションの文書等で調べてください。
 
インテルのチップセットは多くのメーカ製PCでも採用されており、これを使っているPCでは容易にLinuxが動くことが期待されます。各種のディストリビューションを試してみるとよいでしょう。
 
インテルチップセットは、インテルCPUに対する多くのマザーボードで使用されているため、PCを自作する場合にも選択肢は豊富です。作ったPCでLinuxを使うことも可能かもしれません。
 
======NVIDIAチップセット======
 
[[w:NVIDIA]]のチップセットは[[w:インテル]]、及び[[w:AMD]]のCPUに対して提供されます。特にAMDのCPUでは、NVIDIAのチップセットがよく用いられます。
 
[[w:NVIDIA]]は、自社のチップセット[[w:en:nForce]]上のビデオ機能を除く各種機器に対するドライバが、Linuxの[[w:ソースコード]]中に含まれていることを述べています[http://www.nvidia.com/object/linux_nforce_1.21.html]。このため、少なくともIOやネットワーク機器に関しては、NVIDIAのチップセットの機能を使うことは可能です。
 
これに加えて、NVIDIAは自社の拡張ビデオカードのLinuxドライバを提供しています[http://www.nvidia.com/object/unix.html]。ただし、このドライバは"フリーライセンス"と整合しないライセンスで提供されているので使用には若干の注意が必要です。例えば、[[w:Fedora]]などのディストリビューションは、標準でこのドライバをサポートしていません[http://fedoraproject.org/wiki/ForbiddenItems]。
 
いずれにしろNVIDIAのチップセットを使う場合も大抵は全ての機器をLinuxで使えるものと期待されます。実際の使用にあたってはリンク先などの対応文書をよく読んでください。
829

回編集