「生理学/心臓」の版間の差分

M編集の要約なし
 
特殊心筋は興奮伝導系の構成要素であり、心臓が自律的に収縮するための仕組みである。この興奮伝導系には洞房結節(キース-フラック結節)、房室結節(田原結節)、ヒス束、右脚・左脚(プルキンエ線維)を含む(後述)。
[[Media:[[Media:Example.mp3]][[Media:[[Media:Example.mp3]]
=== 心臓の電気的活動 ===
----
]]]]=== 心臓の電気的活動 ===
<!--
要点:
*心筋全体が素早く同調できる構造をもつ
*興奮伝導系が自律的拍動をつかさどるklklxojisnkhcnmzjjskmf
*房室結節の房室伝導遅延が心房と心室の協調的拍動を起こす
*心筋は
*
*
*kfoskkdbv skjmmckzisjjd,fombkjofksuif45ha8djvmjviuuzx
*
vvkjjsijuf´´d`pfuuase- çlkfnkazç lpx jd
jijd,mov.làzmkljakdfnnhf---fjhnbvkz·jfciuj·khpvnn,zidkkid((z
 
 
bbzk)))nnvjud
-->
 
匿名利用者