「古典力学」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
古典力学とは、一般的に、[[相対性理論]]と[[量子論]]が登場する以前の物理学を指す。</br>
狭義にはニュートン力学を指すことが多い。ケプラーやガルレオの研究をニュートンがまとめあげて完成させた。
 
大きさを持たない質点と大きさを持ち変形しない剛体などを扱う。流体については[[流体力学]]で扱う。
==物体==
大きさを持たない物体を質点という。質量を持つ点ということから名付けられた。実際の物体は大きさを持つが、運動の大きさに対して物体の大きさが無視できるほど小さければ質点と見なしてよい。
大きさを持ち、力を加えても変形しない物体を剛体という。実際の物体は力を加えると多少なりとも変形するが、力を加えても変形が無視できるほど硬ければ剛体と見なしてよい。
大きさを持ち、力を加えると変形するが、力を加えるのを止めると元の状態に戻る物体を弾性体という。
気体や液体のように決まった形を持たず、流れる物体を流体という。流体については古典力学ではなく[[流体力学]]で扱う。
 
==運動の三法則==
運動の第三法則(作用反作用の法則)
ある物体が他の物体に力を与えるとき、ある物体は他の物体から大きさが等しく、逆向きの力を受ける。
 
==力==
 
==等加速度直線運動==
匿名利用者