「日本語/品詞」の版間の差分

M
編集の要約なし
 
== 品詞 ==
*大まかに文節の頭にあるかないかで、あるものが'''自立語'''、ないものが'''付属語'''と分けられる。
:例 「''私は新しいボールペンを使った''」という文があるとする。文節に分けると「''私は 新しい ボールペンを 使った''」この時、''私は'' という文節は ''私 は'' とわけられる。この「''私''」が自立語。「''は''」が付属語。同様に、「''ボールペン''」が自立語。「''を''」が付属語。「''使った''」は、''使う''に''た''がついた''使いた''の促音便だから''使っ''と''た''に分けられ動揺同様に前者が自立語、後者が付属語。
 
 
174

回編集