「CSS/記述」の版間の差分

sourceタグの使用。見出しになってしまうのでサンプルでのh1をpに。記述をより正確に。
(→‎基礎: 一括指定)
(sourceタグの使用。見出しになってしまうのでサンプルでのh1をpに。記述をより正確に。)
まずスタイルシートを入力する前に、
 
<source lang="html4strict">
<pre>
<style type="text/css">
 
</style>
</presource>
 
を入力します。 HTML ファイル中にスタイルシートを書く場合は、通常、 head 要素の中<small> (<code><nowiki><head></nowiki></code> から <code><nowiki></head></nowiki></code> までの間) </small>にこれを置きます。この二行の間に書いた内容を、ブラウザは CSS 形式のスタイルシートとして扱います。これでスタイルシートを入力する準備ができました。
最も簡単に記述するには、HTMLタグの中に、以下のように指定します。
 
<source lang="html4strict">
<pre>
<p style="color:red">文字色:赤</p>
</presource>
<p style="color:red">文字色:赤</p>
ほとんどのタグで style 属性を指定できますが、既存のタグで丁度囲まれていない部分を指定したい場合は、<code><nowiki><span></nowiki></code> や <code><nowiki><div></nowiki></code> で囲んでそれに属性を指定します。
 
特定の HTML タグ全てにスタイルを指定したい場合は、head 要素の中でまとめて行うことができます。次の例は、全ての <code><nowiki><h1p></nowiki></code> タグに style="color:red" を指定した事になります。
 
<source lang="html4strict">
<pre>
<head>
<style type="text/css">
<!--
h1p { color:red }
-->
</style>
</head>
<body>
<h1p>文字色その1</h1p>
 :
途中略
 :
<h1p>文字色その2</h1p>
</body>
</presource>
<h1p style="color:red">文字色その1</h1p>
::<br />
途中略<br />
::
<h1p style="color:red">文字色その2</h1p>
 
コメントアウトは、スタイルシートstyle要素に対応していないブラウユーエージェントの為に挿入していコメントアウトすることもあります。
 
[[Category:World Wide Web|CSS きしゆつ]]
140

回編集