「民法第362条」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
[[法学]]>[[民事法]]>[[コンメンタール民法]]>[[第2編 物権 (コンメンタール民法)]]>[[民法第362条]]
 
==条文==
(権利質の目的等)
;第362条
 
第362条
# [[w:質権]]は、[[w:財産権]]をその目的とすることができる。
# 前項の質権については、この節に定めるもののほか、その性質に反しない限り、前三節(総則、動産質及び不動産質)の規定を準用する。
==判例==
*[http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?action_id=dspDetail&hanreiSrchKbn=01&hanreiNo=28107&hanreiKbn=01 定期預金返還請求] 昭和40年10月07日 (最高裁判所判例集)
 
----
{{前後
|[[コンメンタール民法|民法]]
|[[第2編 物権 (コンメンタール民法)|第2編 物権]]<br>
[[第2編 物権 (コンメンタール民法)#9|第9章 質権]]<br>
[[第2編 物権 (コンメンタール民法)#9-4|第1節 権利質]]
|[[民法第361条]]<br>(抵当権の規定の準用)
|[[民法第363条]]<br>(債権質の設定)
}}
 
{{stub}}
匿名利用者