「民法第703条」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
[[法学]]>[[民事法]]>[[民法]]>[[コンメンタール民法]]>[[第3編 債権 (コンメンタール民法)]]>[[民法第703条]]
 
==条文==
([[w:不当利得|不当利得]]の返還義務)
;第703条
 
第703条
: 法律上の原因なく他人の財産又は労務によって利益を受け、そのために他人に損失を及ぼした者(以下この章において「'''受益者'''」という。)は、その利益の存する限度において、これを返還する義務を負う。
 
==解説==
本条では不当利得の一般類型たる要件と、善意の受益者の利得返還義務について規定している。不当利得の特殊類型については[[民法第705条|705条]]ないし[[民法第708条|708条]]に規定があり、悪意の受益者の返還義務については[[民法第704条|704条]]に規定がある。
 
===要件===
 
==参照条文==
*[[民法第704条]](悪意の受益者の返還義務等)
 
==判例==
*[http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?action_id=dspDetail&hanreiSrchKbn=01&hanreiNo=25814&hanreiKbn=01 不当利得](平成3年03月22日最高裁判例) 民事執行法84条1項,民事執行法85条,民事執行法89条
*[http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?action_id=dspDetail&hanreiSrchKbn=01&hanreiNo=25541&hanreiKbn=01 土地建物共有物分割等] 平成8年12月17日(最高裁判例)[[民法第249条]],[[民法第593条]],[[民法第898条]],[[民訴法第185条]]
 
----
{{前後
|[[コンメンタール民法|民法]]
|[[第3編 債権 (コンメンタール民法)|第3編 債権]]<br>
[[第3編 債権 (コンメンタール民法)#4|第4章 不当利得]]<br>
|[[民法第702条]]<br>(管理者による費用の償還請求等)
|[[民法第704条]]<br>(悪意の受益者の返還義務等)
}}
 
{{stub}}
匿名利用者