「Wikibooks:編集方針」の版間の差分

M
 
==編集スタイルについて==
一般に、一人一人が異なる編集「スタイル」を持っています。気軽な気持ちで参加して、新しいページを書くことに主眼を置く人もいますし、既存の「[[Wikibooks:スタブ|スタブページ]]」やその他の記事を改善したり、内容を拡充することを好む人もいます。比較的ささいな編集、リンク付け、ページ名の変更が好きな人もいます。ウィキブックスには、これらすべてを受け入れる余裕があります。
 
どの程度大胆に編集するかという点についても、編集スタイルに違いがあります。一般に、多くの人が[[w:Wikipedia:ページの編集は大胆に|ページの編集は大胆に]]するべきと考えています。事実上、何か変更する前には必ず前の著者に相談する必要があると考えている人はおりませんし、そう考えているとしたら、執筆や推敲は遅々として進まないでしょう。反対に、とにかく、遠回しな言い方はすべきではなく、何か問題を見つけたらどのように編集するか話し合うよりも、単に直接ページを編集するほうがよいと考えている人もいます。この観点では、議論というのは最後の手段です。より中間の考え方として、議論は議論として尊重するが、同時に、早めに微修正をすることで議論の応酬を避けることができるというものもあります。この観点は、抜本的な編集をするべきか否かは時と場合によるというものであり、十分に合理的だと思われます。繰り返しになりますが、ウィキブックスではこれらの姿勢すべてを受け入れています。