「民法第762条」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
[[法学]]>[[民事法]]>[[民法]]>[[コンメンタール民法]]>[[第4編 親族 (コンメンタール民法)]]>[[民法第762条]]
 
==条文==
([[w:夫婦|夫婦]]間における財産の帰属)
;第762条
 
第762条
# 夫婦の一方が[[w:婚姻|婚姻]]前から有する財産及び婚姻中'''自己の名で得た財産'''は、その'''特有財産'''(夫婦の一方が単独で有する財産をいう。)とする。
# 夫婦のいずれに属するか明らかでない財産は、その[[w:共有]]に属するものと[[w:推定|推定]]する。
==関連判例==
*[http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?action_id=dspDetail&hanreiSrchKbn=01&hanreiNo=29363&hanreiKbn=01 最高裁判所第三小法廷民集13巻7号1023頁]
 
----
{{前後
|[[コンメンタール民法|民法]]
|[[第4編 親族 (コンメンタール民法)|第4編 親族]]<br>
[[第4編 親族 (コンメンタール民法)#2|第2章 婚姻]]<br>
[[第4編 親族 (コンメンタール民法)#2-3|第3節 夫婦財産制]]
|[[民法第761条]]<br>(日常の家事に関する債務の連帯責任)
|[[民法第763条]]<br>(協議上の離婚)
}}
 
{{stub}}
匿名利用者