「日本語/品詞」の版間の差分

編集の要約なし
M編集の要約なし
編集の要約なし
[[日本語|<< 日本語 ]]
== 品詞 ==
*大まかに文節の頭にあるかないかで、あるものが'''自立語'''、ないものが'''付属語'''と分けられる。
:例 「''私は新しいボールペンを使った''」という文があるとする。文節に分けると「''私は 新しい ボールペンを 使った''」この時、''私は'' という文節は ''私 は'' とわけられる。この「''私''」が自立語。「''は''」が付属語。同様に、「''ボールペン''」が自立語。「''を''」が付属語。「''使った''」は、''使う''に''た''がついた''使いた''の促音便だから''使っ''と''た''に分けられ同様に前者が自立語、後者が付属語。
 
{{進捗状況}}
 
#*[[日本語 自立語|自立語]]{{進捗|00%|2005-05-08}}
##**[[日本語 用言|用言]]{{進捗|00%|2005-05-08}}
###***[[日本語 動詞|動詞]]{{進捗|00%|2005-05-08}}
###***[[日本語 形容詞|形容詞]]
###***[[日本語 形容動詞|形容動詞]]
##**[[日本語 体言|体言]]{{進捗|00%|2005-05-08}}
###***[[日本語 名詞|名詞]]
###***[[日本語 代名詞|代名詞]]
##***[[日本語 連体詞|連体詞]]
##***[[日本語 副詞|副詞]]
##***[[日本語 感動詞|感動詞]]
##***[[日本語 接続詞|接続詞]]
#**[[日本語 付属語|付属語]]{{進捗|00%|2005-05-08}}
##***[[日本語 助詞|助詞]]
##***[[日本語 助動詞|助動詞]]
149

回編集