「線型代数学/ベクトル」の版間の差分

→‎線型変換: 線型変換起草
(法線ベクトル例追加図以外)
(→‎線型変換: 線型変換起草)
 
==線型変換==
 
===単位ベクトル===
 
平面上で定義される、次の二ベクトルを、R<sup>2</sup>系に対する単位ベクトルと言う。
 
<math>\mathbf{e}_1=
\begin{pmatrix}
1\\
0\\
\end{pmatrix}</math>, 
<math>\mathbf{e}_2=
\begin{pmatrix}
0\\
1\\
\end{pmatrix}</math>
 
空間内の単位ベクトルも同様に定義される。やはり、次の三ベクトルをR<sup>3</sup>系に対する単位ベクトルと言う
 
<math>\mathbf{e}_1=
\begin{pmatrix}
1\\
0\\
0\\
\end{pmatrix}</math>, 
<math>\mathbf{e}_2=
\begin{pmatrix}
0\\
1\\
0\\
\end{pmatrix}</math>, 
<math>\mathbf{e}_2=
\begin{pmatrix}
0\\
0\\
1\\
\end{pmatrix}</math>
 
===R<sup>2</sup>の線型変換===
 
行列とは、4個の実数を正方形に並べた表、
 
<math>A=\begin{pmatrix}
a & b\\
c & d\\
\end{pmatrix}</math>      (6.1)
 
のことである。同時に行列
 
<math>B=\begin{pmatrix}
p & q\\
r & d\\
\end{pmatrix}</math>との掛け算を
 
<math>BA=
\begin{pmatrix}
ap+cq & bp+dq\\
ar+cs & br+ds\\
\end{pmatrix}</math>
 
対してベクトル
<math>\mathbf{x}=
\begin{pmatrix}
x\\
y\\
\end{pmatrix}</math>
 
との掛け算は、
 
<math>\mathbf{x}'=A\mathbf{x}=
\begin{pmatrix}
a & b\\
c & d\\
\end{pmatrix}
\begin{pmatrix}
x\\
y\\
\end{pmatrix}=
\begin{pmatrix}
ax+by\\
cx+dy\\
\end{pmatrix}</math>
 
と、定義する。さて、ベクトルとの積は、位置ベクトル'''x'''の点Pが、行列Aをかけることによって
位置ベクトル'''x''''の点P'に変換されたと、見ることができる。
 
例えば、
 
<math>
\begin{pmatrix}
1& 0\\
0& -1\\
\end{pmatrix}
</math>
 
は、点Pを、x軸に関して線対称な点P'への変換である。これをx軸に関する折り返しと言う。
 
 次に、行列Aによって点Pを変換したあと、さらに行列Bで変換することよって点Pを点P<nowiki>''</nowiki>(位置ベクトル'''x'''<nowiki>''</nowiki>)に移そう。
 
<math>\mathbf{x}''=B(A\mathbf{x})=B\mathbf{x}'=
\begin{pmatrix}
p & q\\
r & s\\
\end{pmatrix}
\begin{pmatrix}
ax+by\\
cx+dy\\
\end{pmatrix}=
\begin{pmatrix}
(ap+cq)x+(bp+dq)y\\
(ar+cs)x+(br+ds)y\\
\end{pmatrix}</math>
 
   
<math>=(AB)\mathbf{x}=
\begin{pmatrix}
ap+cq & bp+dq\\
ar+cs & br+ds\\
\end{pmatrix}\mathbf{x}</math>
 
よって、'''x'''''=B(A'''x''')=(BA)'''x'''
 
行列A,B,C,ベクトル'''x''','''y''',数cに関して次の性質が成り立つ。
 
A(BC)=(AB)C
 
<math>
\begin{cases}
A(\mathbf{x}+\mathbf{y})=A\mathbf{x}+A\mathbf{y})\\
A(c\mathbf{x})=(Ac)\mathbf{x}
\end{cases}</math>     (6.2)
 
特に、(6.2)は重要で、これを行列Aによって引き起こされる'''R'''<sup>2</sup>の変換T<sub>A</sub>:'''x'''→A'''x'''(「T<sub>A</sub>は'''x'''のA'''x'''への変換」と言う意味)の線型性と言う。一般にR<sup>2</sup>変換Tが、次の性質を満たすとき、Tを'''R'''<sup>2</sup>の線型変換という
 
<math>
\begin{cases}
T(\mathbf{x}+\mathbf{y})=T\mathbf{x}+T\mathbf{y})\\
T(c\mathbf{x})=c(T\mathbf{x})
\end{cases}</math>
 
ここで、式(6.2)から、次の定理を導く事が出来る。
 
 
'''定理(6.1)'''
 
 Tが線型変換⇔あるAに対してT'''x'''=A'''x'''
 
 
(証明)
 
   
<math>T\mathbf{e}_1=
\begin{pmatrix}
a\\
c\\
\end{pmatrix}</math> 
<math>T\mathbf{e}_2=
\begin{pmatrix}
b\\
d\\
\end{pmatrix}</math>とする。
 
任意の<math>\mathbf{x}=x\mathbf{e}_1+y\mathbf{e}_2</math>
 
Tは線型変換なので、
 
<math>T\mathbf{x}=T(x\mathbf{e}_1+y\mathbf{e}_2)=xT\mathbf{e}_1+yT\mathbf{e}_2
=x\begin{pmatrix}
a\\
c\\
\end{pmatrix}+y
\begin{pmatrix}
b\\
d\\
\end{pmatrix}</math>
 
  <math>=\begin{pmatrix}
ax+by\\
cx+dy\\
\end{pmatrix}=
\begin{pmatrix}
a & b\\
c & d\\
\end{pmatrix}
\begin{pmatrix}
x\\
y\\
\end{pmatrix}</math>
 
<math>A=
\begin{pmatrix}
a & b\\
c & d\\
\end{pmatrix}</math>とすれば、
 
T'''x'''=A'''x'''                        ♯
 
Aによって引き起こされる変換をT<sub>A</sub>と書くこともある。
 
全てのベクトルを'''o'''に移す変換に対応する行列を特にOと書く。
 
'''例'''
 
全ての点を反時計回りにα回転させる変換は線型変換であり、対応する行列は
 
<math>\begin{pmatrix}
\cos \alpha & -\sin \alpha\\
\sin \alpha & \cos \alpha\\
\end{pmatrix}</math>である。
 
 
演習
 
1.原点に対する対象変換は線型変換である。この変換に対応する行列を求めよ
 
2.T<sub>B</sub>T<sub>A</sub>=T<sub>BA</sub>を示せ。
 
3.
 
 T'''x'''を'''x'''の'''a'''への正射影とする。この時Tを射影子と言う。射影子は線型変換である。この時
 
 <math>\mathbf{a}=\begin{pmatrix}
a\\
b\\
\end{pmatrix}</math> 
<math>a^2+b^2=1</math>
とすると、Tに対応する行列を求めよ
 
4.
 
 ('''a''','''b''')=0,'''a''','''b'''≠'''o'''
 
 S:'''a'''への射影子,  T:'''b'''への射影子
 
 とする。この時次の三つを証明せよ。
 
 (1)T^2=S (2)TS=ST=O (3)任意の'''x'''に対して、T'''x'''+S'''x'''='''x'''
 
===R<sup>3</sup>の線型変換===
匿名利用者