「LPIC(level1)」の版間の差分

編集の要約なし
(新しいページ: '情報技術 > LPIC(level1) LPI認定(Linux Professional Institute Certified)とは、国際的な非営利団体(NPO)である「LPI(Linux Professional Institut...')
 
編集の要約なし
[[{{Pathnav|情報技術]] > LPIC(level1)|frame=1|small=1}}
 
LPI認定(Linux Professional Institute Certified)とは、国際的な非営利団体(NPO)である「LPI(Linux Professional Institute:Linux プロフェッショナル協会)」が実施しているLinux技術者のための認定プログラムです。Linuxの認定試験としては、Red Hat社が実施している RHCE (Red Hat Certified Engineer)試験や、 Turbolinux 社の実施する Turbo-CE (Turbolinux Certified Engineer)試験などがありますが、 LPI 認定試験はベンダーやディストリビューションに依存せず、中立的な立場で Linux 技術者の技術力認定を行います。また、世界最大規模のLinux技術者の試験であるとも言えます。
 
'''LPI認定(Linux''' (Linux Professional Institute Certified)Certified) とは、国際的な非営利団体(NPO) (NPO) である「LPI(Linux Professional Institute:Linux プロフェッショナル協会)」が実施しているLinux技術者のための認定プログラムである。Linuxの認定試験としては、Red Hat社が実施している RHCE (Red(Red Hat Certified Engineer)Engineer) 試験や、 Turbolinux 社の実施する Turbo-CE (Turbolinux(Turbolinux Certified Engineer)Engineer) 試験などがありますが、 LPI 認定試験はベンダーやディストリビューションに依存せず、中立的な立場で Linux 技術者の技術力認定を行ってます。また、世界最大規模のLinux技術者の試験であるとも言えます
 
== LPI認定レベル1の概要 ==
LPI認定は、レベル1からレベル3まで3段階に分かれており、レベルが上昇するにつれて難易度は高くなります。レベル1は初級者、レベル2は中級者、レベル3は上級者と見なすことができます。 Linux経験年数の目安としては、レベル1では、半年~1年程度、レベル2では、 3 ~ 4 年程度とされている。現状では、認定はレベル順に取得していく必要があり、レベル2を取得するにはレベル1を、レベル3を取得するにはレベル2を先に取得しなければならない。
 
 
{| class="wikitable" border="1" style="text-align:left"
|}
 
LPI認定レベル1の取得に必要な試験科目は「117-101:Linux一般1」と「117-102:Linux一般2」である
 
LPI認定レベル1の取得に必要な試験科目は「117-101:Linux一般1」と「117-102:Linux一般2」です。
 
=== Linux一般1試験の概要 ===
117-101(Linux一般1)は、LPI認定試験レベル1取得のための第1関門となる。出題数は、おおよそ 65 ~ 75 65~75問であり、制限時間は 90 分となっている。合格には、 65 % 程度の正答率が必要である([[Linux一般1試験の概要]])
 
{| class="wikitable" border="1" style="text-align:left"
| ||1.105  X Windows System
|}
 
 
=== Linux一般2試験の概要 ===
117-102(Linux一般2)は、LPI認定試験レベル1取得のための第2関門となる。これが合格すれば、晴れてLPI認定レベル1は合格となり、認定証と認定カードを得る。出題数は、おおよそ 73 問であり、制限時間は 90 分となっている。合格には、 65 % 程度の正答率が必要である([[Linux一般2試験の概要]])
 
{| class="wikitable" border="1" style="text-align:left"
|}
 
== LPIC (level1) のテキスト ==
 
== LPIC(level1)のテキスト ==
=== Linux一般1試験のテキスト===
{| class="wikitable" border="1" style="text-align:left"
匿名利用者