「線型代数学/ベクトル」の版間の差分

編集の要約なし
 
 
:<math>\mathbf{v}=\sum_{j=1}^k t_i\mathbf{x}_i</math>, t<sub>i</sub>≧0, <math>\mathbf{v}=\sum_{j=1}^k t_i=1</math>
 
:このような'''v'''のことを、'''x'''<sub>i</sub>の凸結合と言う
匿名利用者