「民法第787条」の版間の差分

編集の要約なし
 
編集の要約なし
[[法学]]>[[民事法]]>[[コンメンタール民法]]>[[第4編 親族 (コンメンタール民法)]]>[[民法第787条]]
 
==条文==
([[w:認知]]の訴え)
;第787条
 
第787条
: 子、その直系卑属又はこれらの者の法定代理人は、認知の訴えを提起することができる。ただし、父又は母の死亡の日から三年を経過したときは、この限りでない。
 
 
==参照条文==
 
----
{{前後
|[[コンメンタール民法|民法]]
|[[第4編 親族 (コンメンタール民法)|第4編 親族]]<br>
[[第4編 親族 (コンメンタール民法)#3|第3章 親子]]<br>
[[第4編 親族 (コンメンタール民法)#3-1|第1節 実子]]
|[[民法第786条]]<br>(認知に対する反対の事実の主張)
|[[民法第788条]]<br>(認知後の子の監護に関する事項の定め等)
}}
 
{{stub}}
匿名利用者