「線型代数学/ベクトル」の版間の差分

(→‎ベクトル: 再定義)
 
===相等関係===
次元の同じ2つのn次列ベクトル<math>\bold a, \bold b \in \bold K^n</math>ある「等しい」この2つのベクトルが同じであるということを、すべて成分が同じである全て等しいことと定義するをいう。すなわち、ベクトルの相等関係は
:<math>\bold a , \bold b \in \bold K^n , \bold a = \begin{pmatrix} a_1 \\ \vdots \\ a_n \end{pmatrix}, \bold b = \begin{pmatrix} b_1 \\ \vdots \\ b_n \end{pmatrix}</math> のとき
'''a'''='''b'''⇔a_i=b_i(∀i∈{1,2,...,n})
:<math>\bold a = \bold b \iff \forall i \in \{1,2,\cdots,n\}, a_i = b_i</math>
により定義される。なお、2つのn次行ベクトルについても同様に定義される。
 
== ノルム ==
2,049

回編集