「高等学校現代社会」の版間の差分

 
=== 科学技術の発達と生命の問題 ===
インターネットやハイテクが定着した。医学の発達によって死の定義が心臓死、脳幹死、脳死の3つになったり、臓器移植が問題になっている。医の倫理が問われているが、シュバイツァーの生命の畏敬や、フランクルの「夜と霧」は参考になる。医者になれば、一族の者を助けられるし、何かになりたいと志したらまず医者を考えるべきなのだそうである。穏やかで無ければ、道は無く、学問が無ければ、志は無い。とは諸葛孔明の言葉である。日本は国策により医学部定員を増加させているが、現実には看護師、ヘルパーなどの医療従事者の人件費、高度先進医療を行うための設備、投薬費、諸経費の増大があり、医者の人数以上に日本の医療費は増大している。国債乱発による国家破綻があるとしたら主に医療費によると考えられる。国家からしたら診療報酬の点数を下げたり、高度先進医療を保険制度に組み込んで料金を制限してしまえば良いのであるが、医療・バイオ産業の研究は日々進歩しており、抗体医薬と言った特効薬になりうる技術も完成しているが、商業化には需要と供給の考え方や、製品ライフサイクルが尽きるまでは従来の製品ラインを維持しようとするだろうから、たいていの場合、先進医療は異常に高額かつ稀少になる。そういった技術をいきなり国家によって料金設定をしたら酷なようだが、実際は国家の主権の範囲内であるので、政治家の権力の強さ次第である。並びに、点数制とは医者の腕が一様であるとすれば合理的だが、俗に言われる藪(やぶ)医者や若手医師ならば腕も落ちるだろう。そこで、点数を減らした場合名医という存在の権威が傷つけられる事に着目する。「名医」たちは医師会から自由民主党(かつての与党)への根回しによって点数を維持しようとするであろう。国家公務員の給料以上に医師の報酬は減額しないだろうが、莫大な医療費を支えていく為には、医薬品や医療品・機械の国内自給でもまだ足りないであろう。結局賃貸オフィスで言う床の利回りの考え方に基づいて、病床の超高齢の入院患者に点数の高い医療を過剰に供給しているのが、医療費増大の原因である。医療費は1989年頃の日本のバブル経済下のGNPの様でもある。
インターネットやハイテクが定着した。医学の発達によって死の定義が心臓死、脳幹死、脳死の3つになったり、臓器移植が問題になっている。医の倫理が問われているが、シュバイツァーの生命の畏敬や、フランクルの「夜と霧」は参考になる。
 
=== 日常生活と宗教や芸術とのかかわり ===
匿名利用者