「政治学概論」の版間の差分

人物データ加筆
(全体の構成を再調整、記事作成が完了した後に項目として独立化させていく)
(人物データ加筆)
 
==== マルクス主義 ====
[[ファイル:Immanuel Wallerstein.2008.jpg|thumb|right|150px|イマニュエル・ウォーラーステイン(1930年生)はアメリカの社会学者。コロンビア大学大で社会学の博士号を取得し、カナダやアメリカの大学で世界システムの研究と教育を行ってきた。後にアフリカ研究と政治経済学、そして歴史学のアナール学派の理論を応用して世界システム論を提唱し、世界を一つの政治経済のシステムとして分析する理論を確立した。著作には『近代世界システム』、『世界経済の政治学』など。]]
 
====多元主義====
=== 世界秩序の理論 ===
==== グローバリゼーション ====
[[ファイル:Noam chomsky cropped.jpg|thumb|right|150px|ノーム・チョムスキー(1928年生)はアメリカの言語学者であり哲学者。ペンシルベニア大学で言語学の博士号を取得し、後にマサチューセッツ工科大学の教授となる。政治的な問題に関する評論活動も行っており、ベトナム戦争や対テロ戦争でのアメリカの外交政策やグローバルな資本主義に対して批判を加えている。著作には『アメリカン・パワーと新官僚』、『アメリカの「人道的」軍事主義』など。]]
 
==== リージョナリゼーション ====
[[ファイル:monnet1.jpg|thumb|right|150px|ジャン・モネット(1888年-1979年)はフランスの経済学者実業家であり行政官。大学には入学せずロンドンのシティへ移り、第一次世界大戦から第二次世界大戦後にかけて国際機関の要職を経験し、戦後には欧州石炭鉄鋼共同体の実現に政治手腕を発揮し、同機関の初代委員長に就任した。著作には『回顧録』、『相互依存の初代政治家』がある。]]
 
== 国内政治 ==
===社会集団===
====民族集団====
[[ファイル:Marcus Garvey 1924-08-05.jpg|thumb|right|150px|マーカス・ガーベイ(1887年-1940年)はジャマイカ出身の実業家であり政治活動家。イギリスの新聞社で働いた後に母国で黒人問題に関わるようになり、アメリカで貿易会社を立ち上げる一方で黒人の地位向上を求める政治運動を指導し、強制送還された後は政治家となった。著作には『マーカス・ガーベイの哲学と意見』、『人々へのメッセージ』など。]]
[[ファイル:Marcus Garvey 1924-08-05.jpg|thumb|right|150px|マーカス・ガーベイ(年-年)]]
 
====社会階級====
[[ファイル:Gramsci.png|thumb|right|150px|アントニオ・グラムシ(1891年-1937年)はイタリアの政治思想家、革命運動家。トリノ大学に入学するが退学して労働運動に加わり、イタリア共産党の創設に携わった。議員に選出されるが、ファシスト政権と対立して投獄され、獄中生活で多くの著述を行った。新マルクス主義を理論的な発展させただけでなく、覇権の概念を提唱したことで知られる。著作に『獄中ノート現代の君主、『知識人と権力』などがある。]]
 
====宗教団体====
[[ファイル:Christus Ravenna Mosaic.jpg|thumb|right|150px|イエス(紀元前4年-紀元後30年?)はキリスト教の創始者。ベルレヘムで大工の家業を継ぐが、30歳ごろから宣教をガラリヤにて宣教活動を行う。当時のユダヤ教への宗教批判を行ったこと反逆罪に問われて処刑された。道徳の原理として利己心を離れた絶対愛であるアガペーを主張し、神や隣人を愛することを説いた。著作はなく、彼の弟子たちの伝承が聖典『新約聖書』としてまとめられている。]]
 
====ジェンダー====
[[ファイル:Marywollstonecraft.jpg|thumb|right|150px|メアリ・ウルストンクラフト(1759年-1797年)はイギリスの著述家であり社会思想家。経済的困窮と家庭内暴力から家出した後に著述家として活動するようになり、フランス革命勃発の際には擁護にまわり、実際にパリを視察している。ルソーの思想に影響を受けており、男女同権と教育の機会の均等を主張してフェミニズムの立場を展開した。著作に『少女の教育についての論考』、『女性の権利の擁護』がある。]]
[[ファイル:Marywollstonecraft.jpg|thumb|right|150px|メアリ・ウルストンクラフト(年-年)]]
 
== 政治経済学 ==
360

回編集