「政治学概論」の版間の差分

人物データ追加、節の調整
(人物データ加筆)
(人物データ追加、節の調整)
 
==== ポリアーキー ====
[[ファイル:RobartArend A. DahlLijphart.jpg|thumb|right|150px|ロバレンドダーレイプハ(19151936年生まれ)はアメリカオランダ出身の政治学者。オワで生まれデン大学を卒業後にアメリカへ渡り、イェール大学で政治学を修め、農務省と陸軍で勤務博士号経てイェー取得した。カリフォニア大学で政治学の教鞭をとり、アメリカ政治学会の会長も勤める。コミュニティ権力構造についてミルズと論争したことや多数決型民主主義につい対しコンセンサス型民主主義を対置させながら民主主義類型化と比較研究を行った業績で知られる。著作に統治する多元社会は誰かデモクラシー』、『ポリアーキー民主主義対民主主義』などがある。]]
ポリアーキー(polyarchies)とは自由民主主義または単に民主主義と呼ばれる政体である。ポリアーキーという言葉はダールとリンドブロムの共著で初めて使用され、後にダールの民主主義研究によって明確に概念化された。ポリアーキーの概念は政体の分類法として、非民主的な政体もしくは部分的に民主的な政体を区別するものである。ポリアーキーに基づく政体の分類は参加(participation)と異議申し立て(opposition)という二つの基準から構成されている。政体にとって参加の要素は選挙などの諸制度を通じて人民の意志が政治に反映することを保証し、場合によっては統治者を置き換えることを可能とする要素である。この要素がどの程度であるかは社会全体で参政権を持つ人々の割合によって測定される。また異議申し立ての要素は最低限でも政府の活動に対して抑制を働きかけることを可能とする行動の程度を反映する要素である。異議申し立ての要素がどの程度かは政治的自由の程度によって判断される。政体を構成するこれら二つの要素から四つの類型化を行うことが可能である。参加も異議申し立ても両方とも低度であるならば閉鎖的抑圧体制、政治参加が幅広く認められているものの異議申し立てが禁止されているならば政体は包括的抑圧体制、逆に異議申し立てが幅広く行われているものの参政権は制限されている政体は競争的寡頭体制、そして両方の要素を兼ね備えている政体がポリアーキーと区分される。この分類モデルはポリアーキーという理想的な民主主義の政体を前提とするが、このポリアーキーの実体についてアーレンド・レイプハルトはさらに多数派の民主主義と合意の民主主義との違いがあることを指摘している。多数派の民主主義とはイギリスの議院内閣制の事例に見られるように、二大政党制の議会において優勢な一党が内閣を組閣し、内閣制度によって行政府と立法府の権力が厳格に分立されている。この政体はニュージーランド、オーストラリア、インドなどに認められる。一方で合意の民主主義は、ヨーロッパ諸国の事例に見られるように、多党制の議会において政治権力の各政党の間で配分して連立内閣を組閣するが、行政府と立法府の権力分立が確立されている。この政体はスイス、オーストリアなどに認められる。このような視座に立たないならば、例外主義の立場もありうる。例えば、例外主義の観点からアメリカは移民と開拓者の経験から、西欧の政体の中でも特に個人主義の政治文化が根付いていると説明される。
 
 
====宗教団体====
[[ファイル:Christus Ravenna Mosaic.jpg|thumb|right|150px|イエス(紀元前4年-紀元後30年?)はキリスト教の創始者。ベレヘムで生まれ、父親の大工の家業を継ぐが、30歳ごろから宣教をガラリヤにて宣教活動を行う。当時のユダヤ教への宗教批判を行ったこと反逆罪に問われて処刑された。道徳の原理として利己心を離れた絶対愛であるアガペーを主張し、神や隣人を愛することを説いた。著作はなく、彼の弟子たちの伝承が聖典『新約聖書』としてまとめられている。]]
 
====ジェンダー====
=== 資本主義体制 ===
==== 企業資本主義 ====
[[ファイル:AdamSmith.jpg|thumb|right|150px|アダム・スミス(1723年-1790年)はイギリスの哲学者であり経済学者である。]]
 
==== 社会資本主義 ====
[[ファイル:Friedrich List.jpg|thumb|right|150px|フリードリヒ・リスト(1789年-1846年)はドイツの経済学者である。]]
 
=== 社会主義体制 ===
==== 国家社会主義 ====
[[ファイル:JStalin Secretary general CCCP 1942.jpg|thumb|right|150px|ヨシフ・スターリン(1878年-1953年)はソヴィエトの政治指導者である。ロシア革命の活動家として共産党に参加し、レーニンの死後に政権を掌握した。国家社会主義の経済政策として富農の撲滅や農業の集団化を政策として実践し、またマルクス主義の思想にロシアのナショナリズムの概念を導入した。著作には『レーニン主義の基礎』、『マルクス主義と民族問題』などがある。]]
 
==== 市場社会主義 ====
 
====委譲モデル====
[[ファイル:|thumb|right|150px|(年-年)]]
 
====相似モデル=選挙===
====官僚選挙権力機能====
[[ファイル:josephaloisschumpeter.jpg|thumb|right|150px|(年-年)ヨーゼフ・シュンペーター]]
 
====選挙制度団体====
[[ファイル:Kenneth_Arrow,_Stanford_University.jpg|thumb|right|150px|ケネス・アロー(年-年)]]
 
=== 投票行動 ===
====社会学的モデル====
[[ファイル:DeTocque.jpg|thumb|right|150px|アレクシス・ド・トクヴィル(年-年)]]
====合理選択モデル====
 
====支配イデオロギーモデル====
====合理選択モデル====
[[ファイル:|thumb|right|150px|(年-年)]]
 
== 政党政治 ==
====政党の分類====
[[ファイル:|thumb|right|150px|(年-年)]]
 
====政党の機能====
[[ファイル:T Jefferson by Charles Willson Peale 1791 2.jpg|thumb|right|150px|トマス・ジェファーソン(年-年)]]
 
====政党の組織====
[[ファイル:Maurice Duverger.jpg|thumb|right|150px|モーリス・デュヴェルジェ(年-年)]]
=== 政党制 ===
====一党制====
[[ファイル:Carl Schmitt.jpg|thumb|right|150px|カール・シュミット(年-年)]]
 
====二党制====
[[ファイル:Giovanni Sartori.jpg|thumb|right|150px|ジョヴァンヌ・サルトーリ(年-年)]]
 
====多党制====
[[ファイル:Panebianco.JPG|thumb|right|150px|アンジェロ・パーネビアンコ(年-年)]]
団体政治(group politics)は社会に存在するさまざまな団体によって行われる政治的相互作用を指している。団体政治において団体は社会において何らかの利益の下で団結しており、政府の公共政策に影響を及ぼすことを目的として圧力を行使する主体である。団体政治を構成する団体にはさまざまな種類があるが、例えば少数派民族や特定の業界人によって組織される団体などが利益団体(interest group)または圧力団体(pressure group)と呼ばれる。団体政治の形態には各団体の影響力が並存した多元主義的な形態が想定されうるが、協調主義や新右翼の観点から団体政治の異なるモデルが示されている。
 
=== 政治団体 の理論===
====公共政治団体の分類====
[[ファイル:|thumb|right|150px|(年-年)]]
 
====制度団体====
 
====結社団体====
 
=== 団体政治の理論 ===
====多元主義モデル====
[[ファイル:Robert A. Dahl.jpg|thumb|right|150px|ロバート・ダール(1915年生まれ)はアメリカの政治学者。アイオワで生まれ、イェール大学で政治学を修め、農務省と陸軍での勤務を経てイェール大学で教鞭をとる。コミュニティ権力構造についてミルズと論争したことや民主主義についての研究で知られる。著作には『統治するのは誰か』、『ポリアーキー』などがある。]]
 
====協調主義モデル====
[[ファイル:|thumb|right|150px|(年-年)]]
 
====新右翼モデル====
[[ファイル:RobertMancur A. DahlOlson.jpg|thumb|right|150px|ロバマンサダーソン(年-年)]]
 
===執政の活社会運動===
====古典的社会運動====
[[ファイル:Lorenz von Stein.jpg|thumb|right|150px|ローレンツ・フォン・シュタイン(年-年)]]
 
====現代の社会運動====
[[ファイル:Betty Friedan 1960.jpg|thumb|right|150px|ベティ・フリーダン(年-年)]]
 
== 司法 ==
===憲法===
====法の支配====
[[ファイル:Thomas Hobbes (portrait).jpg|thumb|right|150px|トマス・ホッブズ(年-年)]]
 
====人権====
[[ファイル:|thumb|right|150px|(年-年)]]
 
===司法府===
====司法府の役割====
[[ファイル:|thumb|right|150px|(年-年)]]
 
====司法府の活動====
[[ファイル:|thumb|right|150px|(年-年)]]
 
== 立法 ==
===立法府の制度===
====立法府の構造====
[[ファイル:Montesquieu 1.png|thumb|right|150px|シャルル・ド・モンテスキュー(年-年)]]
 
====立法府の機能====
[[ファイル:|thumb|right|150px|(年-年)]]
 
===立法府の活動===
====立法府の政策====
[[ファイル:|thumb|right|150px|(年-年)]]
 
====立法府の影響====
[[ファイル:|thumb|right|150px|(年-年)]]
 
== 行政 ==
 
===行政府制度===
====行政府の構造====
====行政府の機能====
[[ファイル:|thumb|right|150px|(年-年)]]
===執政の活動===
 
====政治リーダーシップの理論====
====大統領制====
====政治リーダーシップの実践====
[[ファイル:|thumb|right|150px|(年-年)]]
 
====内閣制度====
[[ファイル:|thumb|right|150px|(年-年)]]
 
====政治リーダーシップの理論====
====個人的才能====
[[ファイル:Nietzsche1882.jpg |thumb|right|150px|フリードリヒ・ニーチェ(年-年)]]
 
====団体会的現象====
[[ファイル:|thumb|right|150px|(年-年)]]
 
=== 団体=政治の理論 的技術====
[[ファイル:|thumb|right|150px|(年-年)]]
 
 
==官僚制==
===官僚の制度===
====官僚の役割====
[[ファイル:|thumb|right|150px|ロベルト・ミヒェルス(年-年)]]
 
====官僚組織====
===官僚の活動===
====官僚モデル====
[[ファイル:Robert_K_Merton.jpg|thumb|right|150px|ロバート・マートン(年-年)]]
 
====行政府官僚構造権力====
[[ファイル:Trotsky Profile.jpg|thumb|right|150px|レフ・トロツキー(年-年)]]
====官僚の権力====
[[ファイル:|thumb|right|150px|(年-年)]]
 
==武装組織==
 
====軍事組織====
[[ファイル:Clausewitz.jpg|thumb|right|150px|カール・フォン・クラウゼヴィッツ(年-年)]]
 
====文民統制====
[[ファイル:Clausewitz.jpg|thumb|right|150px|カール・フォン・クラウゼヴィッツ(年-年)]]
 
===治安行政===
====警察組織====
[[ファイル:|thumb|right|150px|(年-年)]]
 
====警察国家====
 
====政策過程の段階====
[[ファイル:|thumb|right|150px|(年-年)]]
 
====意思決定の理論====
[[ファイル:|thumb|right|150px|(年-年)]]
 
====公共政策の効果====
[[ファイル:|thumb|right|150px|(年-年)]]
 
=== 公共政策の諸領域 ===
 
====安全保障政策====
[[ファイル:|thumb|right|150px|(年-年)]]
 
====経済政策====
[[ファイル:|thumb|right|150px|(年-年)]]
 
====社会政策====
[[ファイル:|thumb|right|150px|(年-年)]]
 
{{stub}}
360

回編集