「政治学概論」の版間の差分

人物データの加筆修正
(人物データ追加、節の調整)
(人物データの加筆修正)
 
==== 自由主義の要素 ====
[[ファイル:Thomashillgreen.jpg|thumb|right|150px|(トマス・ヒル・グリーン(年-年)]]
[[ファイル:John Locke.jpg|thumb|right|150px|ジョン・ロック(1632年-1704年)はイギリスの政治家であり哲学者。オックスフォード大学を卒業し、アンソニー・アシュリー・クーパー伯爵の顧問として論争に加わり、革命で一時的に亡命している。自然状態における個人の私有財産権を導入し、社会契約に基づく国家の成り立ちについて考察し、古典的な自由主義の思想を提示した。著作には『統治二論』、『寛容に関する書簡』など。]]
自由主義を構成するいくつかの思想的な特徴の一つとして挙げられるのが個人主義(individualism)である。個人主義は自由主義の基礎であり、人間はまず個人としての存在であり、個人としての人間に価値が置かれるべきである。これは同時に人間は均等に道徳的能力を持っていることを示唆している。したがって、個々人の道徳的な判断は尊重されなければならない。個人主義の思想は個人の自由(freedom, liberty)の理念とも関連しており、これは個人の信条の中立性と選択の可能性を提起する。自由主義のこのような人間性についての認識は理性(reason)とも関連しており、自由主義では世界が合理的な構造を持っており、それは人間の理性によって解明することが可能であると考える。このように理性の役割を強調するために自由主義は進歩することができる存在として捉えられている。個人主義の思想は自由だけでなく平等(equality)の理念にも派生しており、個人主義者は人間は少なくとも道徳的な能力に関しては平等な能力を備えて生まれてくると考える。したがって、全ての個人は投票権などについても政治的平等でなければならない。自由主義は寛容(toleration)によっても特徴付けられる。寛容は個人的自由と社会的発展の手段の両方を保障するものと自由主義では考えられているため、文化的な多様性や政治の多元性をを積極的に評価する。同様の理由で自由主義は競合する利害の中立的な調和と均衡を支持する。自由主義によれば、権威や社会的関係などは常に合意(consent)に基づいたものでなければならず、政府も同様に統治されることについての合意に基づかなければならない。つまり社会や共同体の本質とは自らの利益を追求する個人の相互間の契約にある。この合意と契約に基づく社会秩序の理論から導き出される論理的な帰結として政府は社会秩序を安定化することを保証する機関と見なされる。つまり政府は個人主義の価値を侵害することは制限されなければならず、その制約を確実なものとするために立憲主義(constitutionalism)が確立されなければならない。立憲主義の目的とは政府機構をいくつかに分離することで相互に政府権力を抑制させ、個人の権利が政府権力によって侵されないように成文憲法によって規定することにある。ただし、このような自由主義の一般的な内容は時代によって一様ではない。
 
==== 市民文化 ====
[[ファイル:putnam2.jpg|thumb|right|150px|ロバート・パットナム(年-年)]]
 
==== 市民教育 ====
[[ファイル:John Dewey lib.jpg|thumb|right|150px|ジョン・デューイ(年-年)]]
 
==== マスメディア ====
==== 正当性 ====
[[ファイル:JuergenHabermas.jpg|thumb|right|150px|ユルゲン・ハーバーマス(年-年)]]
 
==== テロリズム ====
[[ファイル:Cicero - Musei Capitolini.JPG |thumb|right|150px|キケロ(年-年)]]
 
==== 革命 ====
 
====委譲モデル====
[[ファイル:Kenneth_Arrow,_Stanford_University.jpg|thumb|right|150px|(年-年)ケネス・アロー]]
 
===選挙===
====選挙の機能====
[[ファイル:josephaloisschumpeterDavidEaston.jpgJPG|thumb|right|150px|デイヴィッド・イーストン(年-年)ヨーゼフ・シュンペーター]]
 
====選挙制度====
[[ファイル:Kenneth_Arrow,_Stanford_UniversityMarquis_de_Condorcet.jpg|thumb|right|150px|ケネス・アローコンドルセ(年-年)]]
 
=== 投票行動 ===
 
====合理的選択モデル====
[[ファイル:Anthony Downs.jpg|thumb|right|150px|アンソニー・ダウンズ(年-年)]]
 
== 政党政治 ==
===政治団体の理論===
====政治団体の分類====
[[ファイル:David Hume.jpg|thumb|right|150px|(年-年)デイヴィッド・ヒューム]]
 
====多元主義モデル====
===憲法===
====法の支配====
[[ファイル:ThomasSamuel Hobbesvon (portrait)Pufendorf.jpg|thumb|right|150px|トマスザミュエルホッブズフォン・プーフェンドルフ(年-年)]]
 
====人権====
[[ファイル:John Locke.jpg|thumb|right|150px|ジョン・ロック(1632年-1704年)はイギリスの政治家であり哲学者。オックスフォード大学を卒業し、アンソニー・アシュリー・クーパー伯爵の顧問として論争に加わり、革命で一時的に亡命している。自然状態における個人の自然権として私有財産権を導入し、社会契約に基づく国家の成り立ちについて考察し、古典的な自由主義の思想を提示した。著作には『統治二論』、『寛容に関する書簡』など。]]
[[ファイル:|thumb|right|150px|(年-年)]]
 
===司法府===
====司法府の役割====
[[ファイル:LeoStrauss.jpg|thumb|right|150px|レオ・シュトラウス(年-年)]]
 
====司法府の活動====
[[ファイル:Socrates_Louvre.jpg|thumb|right|150px|ソクラテス(年-年)]]
 
== 立法 ==
===立法府の制度===
====立法府の構造====
[[ファイル:Montesquieu 1.png|thumb|right|150px|シャルル・ド・モンテスキュー(年-年)]]
 
====立法府の機能====
[[ファイル:Montesquieu 1.png|thumb|right|150px|シャルル・ド・モンテスキュー(年-年)]]
 
===立法府の活動===
====立法府の政策====
[[ファイル:Hegel portrait by Schlesinger 1831.jpg|thumb|right|150px|(年-年)ゲオルグ・ヴィルヘルム・フリードリヒ・ヘーゲル]]
 
====立法府の影響====
[[ファイル:Marsilius of Padua.jpg|thumb|right|150px|(年-年)マルシリウス]]
 
== 行政 ==
====政治的技術====
[[ファイル:|thumb|right|150px|(年-年)]]
 
 
==官僚制==
政軍関係(civil-military relations)とは一般に文民社会と軍事組織の関係であり、狭義には社会の利害を反映した国家と軍隊の指導層である将校団の関係と言うことができる。軍事組織は国家安全保障に対して軍事的機能を提供するものである。しかしながら、その文民社会で支配的な平和主義や軍国主義などの価値観が軍事的機能の準備や使用を妨げる場合がある。政軍関係論ではこのような社会の政治的要請と軍隊の機能的要請の権力的またはイデオロギー的な関係に注目し、戦争における政治的意思決定や軍人の政治的役割、文民統制の在り方、軍隊と社会の関係などについて検討する。
 
====軍事組織行動====
[[ファイル:Mierevelt grotius 1608.jpg|thumb|right|150px|フーゴー・グロティウス(年-年)]]
 
====文民統制====
[[ファイル:Clausewitz.jpg|thumb|right|150px|カール・フォン・クラウゼヴィッツ(年-年)]]
 
===治安警察行政===
====警察組織治安維持====
[[ファイル:|thumb|right|150px|(年-年)]]
 
政策(policy)とは一般に個人、集団または政府などの行為主体が持つ行動計画である。公共政策(public policy)は政策の中でも政府などの公的機関による政策を指している。政治の過程の中で政策と入力の反対である出力に該当するものであり、その実態は社会に対する政府の影響力や権限を反映する。政治学の政策分析では政策がどのような効果があったかに着目するだけではなく、政策形成の過程にも着目する。また規範的な観点からその政策を通じて政府がどのようにあるべきかを問題とする場合もある。ここでは公共政策が計画されてから実施されるまでを分析した政策理論、そして政策領域をいくつかに大別した上でそれぞれの政策分野について概説する。
 
=== 政策意思決定の理論 ===
====合理主義モデル====
政策理論では公共政策がどのような形成過程を経ているかを分析している。政策過程は一連の行動や出来事が関連しており、公共政策はその政策過程の結果として発現されるものである。また政策過程の実態とは政府が主体となる活動の実態であり、政策を通じて政府の意思決定の様相を表している。ここでは政策過程の諸段階と意思決定の理論、そして政策の効果について述べる。
[[ファイル:HerbertSimon.jpg|thumb|right|150px|(年-年)ハーバート・サイモン]]
 
====政策過程の段階漸進主義モデル====
[[ファイル:Charles Edward Lindblom.jpg|thumb|right|150px|(年-年)チャールズ・リンドブロム]]
 
====意思決定の理論官僚主義モデル====
[[ファイル:Graham T. Allison.jpg|thumb|right|150px|(年-年)グレアム・アリソン]]
 
====公共 政策仮定効果=諸段階 ===
政策理論では公共政策がどのような形成過程を経ているかを分析している。政策過程は一連の行動や出来事が関連しており、公共政策はその政策過程の結果として発現されるものである。また政策過程の実態とは政府が主体となる活動の実態であり、政策を通じて政府の意思決定の様相を表している。ここでは政策過程の諸段階と意思決定の理論、そして政策の効果について述べる。
[[ファイル:|thumb|right|150px|(年-年)]]
 
=== 公共=政策の諸領域 形成====
[[ファイル:Andrew Gamble at Policy Network event.jpg|thumb|right|150px|アンドリュー・ギャンブル(年-年)]]
現在の公共政策にはさまざまな領域があることが認識されている。国民の生存や独立を保持するための安全保障から始まり、社会全体の資本と経済的生活を維持発展させるための経済政策、社会生活に伴う諸問題を解決する社会政策、そして言語や宗教、芸術など広範な問題に関連する文化政策などに細分化することができる。
 
====安全保障政策実施====
[[ファイル:Aaron Wildavsky (1930-1993).jpg|thumb|right|150px|アーロン・ウィルダフスキー(年-年)]]
 
====経済政策評価====
[[ファイル:Thomas R. Dye.jpg|thumb|right|150px|トーマス・ダイ(年-年)]]
 
====社会 公共政策=の効果 ===
====社会的安定====
[[ファイル:|thumb|right|150px|(年-年)]]
[[ファイル:Spinoza.jpg|thumb|right|150px|バールーフ・デ・スピノザ(年-年)]]
 
====物質的効用====
[[ファイル:Richard Titmuss.jpg|thumb|right|150px|(年-年)リチャード・ティトマス]]
 
====民主的統治====
[[ファイル:josephaloisschumpeter.jpg|thumb|right|150px|(年-年)ヨーゼフ・シュンペーター]]
 
{{stub}}
360

回編集