「政治学概論」の版間の差分

漸進主義について加筆
(人物データ、意思決定理論の加筆)
(漸進主義について加筆)
====漸進主義モデル====
[[ファイル:Charles Edward Lindblom.jpg|thumb|right|150px|チャールズ・リンドブロム(1917年生)はアメリカの政治学者。イェール大学で経済学や政治学を教え、比較経済学会やアメリカ政治学会の会長を歴任している。政策決定の分析を通じて政策の変化とは政治的相互交流を通じた調整過程によって少しずつ変化する漸進主義のモデルを提唱した。著作には『政策形成の過程』、『民主主義の知性』などがある。]]
合理主義に基づいた意思決定の説明では実際の意思決定の非合理的な側面を説明することが難しい。この問題を修正した漸進主義のモデルがチャールズ・リンドブロムによって提唱されており、意思決定が不完全な情報と低い水準の理解に基づいて形成される傾向があると捉える。したがって、意思決定者は既に実行した行動の効果の情報を受けながら既存の行動のパターンの中で決断する傾向があると言える。そしてリンドブロムは政策決定者が問題を解決するのではなく問題を回避しようと試みる傾向がより大きくなることを示した。ただしこの漸進主義のモデルは実証的というよりも規範的であり、リンドブロムはこれがより柔軟な意思決定を可能とするモデルであるという見解を示している。この立場では多元主義的な民主主義における政策形成に漸進主義が適合することを強調するものであり、応答性や柔軟性がもたらされると考える。しかし、このような立場は一方で革新的な提案を排除し、また長期的な展望に立った計画を否定するものであると批判できる。
 
====官僚主義モデル====
360

回編集