「政治学概論」の版間の差分

集権制について加筆
(連邦制について加筆)
(集権制について加筆)
====連邦制====
[[ファイル:Portrait of Pierre Joseph Proudhon 1865.jpg|thumb|right|150px|ピエール・ジョゼフ・プルードン(1809年-1865年)はフランスの社会思想家。酒造職人の家庭に生まれて働きながら著述活動を行い、二月革命に加わったが政争に敗れて投獄される。古典的な無政府主義の思想家として知られ、後世の社会主義にも影響を与えた。著作には『経済的矛盾の体系』、『連合主義原理』など。]]
連邦制(federal systems)とは国家の統治機構を地域によって区分する政治制度であり、これを採用している国家としてはアメリカ、ブラジル、パキスタン、オーストラリアなどを列挙することができる。少なくとも理論的には、連邦制は中央政府と地方政府が相互に権力を監視し、均衡させている。連邦制は政治的統一性と地域的多様性の妥協の上に成り立っており、また強力になりがちな中央政府の政治権力の効果を多数の地方政府によって抑制する必要に基づいている。連邦制の理論が成立した契機一つとして1787年のアメリカにおけるフィラデルフィア憲法制定会議があった。この会議の成果はアメリカ合衆国憲法としてまとめられ、アメリカは中央政府である連邦政府と地方政府である州政府の設置が定めて連邦制を導入した。憲法制定に携わったハミルトン、マディソン、ジェイの三人の中心的人物は強力な連邦政府を整備すると同時に、これを政治的に監視と抑制を働かせることができるよう現在では50の州政府に政治的な自由を保障している。この連邦制の原理は個人に認められていた政治的自由を地方自治においても拡大するものであった。無政府主義の哲学者であったプルードンは連邦制の原理として無政府主義の理論を応用している。彼は連邦制を基礎的な自治体の関係を集約したものと定義し、可能な限り国家権力を最小限にとどめる最小国家の必要を主張した。この考え方は厳密には連邦(federal)というよりも、より個々の地方政府の自律性を強めた連合(confederation)と見なすこともできる。連邦制の特徴の一つとして中央政府と地方政府が持つ権力の及ぶ範囲が区別されていることがある。具体的には行政機関や立法機関がある程度の自主的な権限を行使することが可能であり、例えばドイツやオーストリアでは連邦政府の行政機関は政策決定を行い、地方政府は詳細な政策実施が行われている。また異なる特徴としては中央政府と地方政府の協力のために、地方政府は中央政府の政策決定の過程に介入しなければならないことがある。このような干渉の可能性はしばしば議会を通じながら確保されており、オーストラリアの事例を挙げると6つの州政府ごとに連邦政府の議会で議席が分配されているのはその一例である。また委任は集権制において分権化を最大限に促進するための手段であり、連邦制への移行としての性格も指摘できる。
 
====集権制====
[[ファイル:Alexander Hamilton portrait by John Trumbull 1806.jpg|thumb|right|150px|アレクサンダー・ハミルトン(1755年-1804年)アメリカの政治家である。アメリカ独立戦争に従軍した後に法学を学び、外交や国政に携わっている。民主主義への警戒から中央政府の役割を重視する立場をとっており、アメリカにおける伝統的な保守主義者として位置づけられている。『ザ・フェデラリスト』の主要執筆者であり、他には『製造業に関する報告書』など。]]
現代の国家の多くが集権制(unitary systems)の統治体制を採用しており、これらでは権力を国家の中枢に一極化させている。イギリスの国会は、少なくとも理論上において、最高の立法機関として位置づけられている。したがって、国会により制定された法律はイングランドやスコットランドの議会が制定した法律に対してより重要であり、集権的な権力関係を構成している。言い換えれば、イギリスにおいては集権制において国会が権力の中枢であり、これに優越するような地方における立法機関の存在を認めていない。しかし、集権制は地方自治(local governance)の責任や中央から地方への委任(devolution)の問題が絡み合うことで複雑な側面も認められる。最も簡潔な意味では、地方自治とは村落や都市など特定の地域において同地域に居住する住民により運営されている統治を指す。例えばアメリカにおいては86000以上の地方自治体が設置されており、全体で1100万名を雇用している。これは連邦政府が雇用する800万名よりも大きな人数である。しかし地方自治が重要なのはその人的資源だけでなく、民主主義的な統治制度であるためでもある。イギリスでは伝統的に中央政府の下に地方政府が政治的に従属している、地方民主主義(local democracy)の特徴が備えられている。つまり地方政府における自治の実現とは地方政府における民主主義であり、ミルの説明によれば、この地方民主主義に基づいた人々の政治参加は彼らの政治の教育にも繋がり、結果として民主的な市民の成長を促進するものと考えられている。また行政業務やそれに伴う権限の委任は中央政府に対する地方政府の台頭や時には民族的ナショナリズム(ethnic nationalism)の形態を取った圧力という国内政治の状況によって左右されてきた。1570年代には集権制を確立していたスペインでは、それぞれが自治権を行使する50の地区に分割されてきたが、1975年から1979年にかけて新たに設置された議会の下で17の自治共同体に再編された。またスペインのバスク地方における自治権を要求する政治運動は分離独立を主張するテロリズムの基盤となっている。ハミルトンは連邦主義者ではあったが、中央政府と対立しうる政治勢力の存在の問題を認識しており、強力な中央政府が政治的にも経済的にも重要であると考えていた。彼は中央政府によって地方の産業政策をも促進することを構想している。
 
===社会集団===
360

回編集