「政治学概論」の版間の差分

ジェンダーについて加筆
(ジェンダーについて加筆)
(ジェンダーについて加筆)
====ジェンダー====
[[ファイル:Marywollstonecraft.jpg|thumb|right|150px|メアリ・ウルストンクラフト(1759年-1797年)はイギリスの著述家であり社会思想家。経済的困窮と家庭内暴力から家出した後に著述家として活動するようになり、フランス革命勃発の際には擁護にまわり、実際にパリを視察している。ルソーの思想に影響を受けており、男女同権と教育の機会の均等を主張してフェミニズムの立場を展開した。著作に『少女の教育についての論考』、『女性の権利の擁護』がある。]]
性別に基づいた区別は伝統的な社会制度の中に色濃く認めることが可能であり、現代のジェンダー研究者はこれを社会階級における抑圧のようにある種の政治的な現象として見做す。ジェンダーという概念は男性と女性の間に生じる社会的または文化的な相違を指す概念であり、その社会において女性と男性の集団の間にあるさまざまな政治的な権力関係を反映するものと考えられている。このような研究の背景には1960年代におけるフェミニズム運動の勃興があり、同時期からジェンダーについての政治学的な重要性が認められるようになった。実際に1996年の統計調査によれば、世界各国の議会で議席を持つ女性議員は1割に満たない。ミニズムンダーの古典的研究はフランス革命を契機としてウルストンクラフトによって示されている。彼女の研究では男性と比べて女性の教育機会が制限されていることを指摘し、そのことによって女性は自らの理性を洗練させる機会が奪われていると論じた。そして、男性は女性に対して家事や育児に専念することを強制し、ますます女性を教育の機会から遠ざける結果となるという解釈を示した。ジェンダーに基づいた抑圧についてミルにとっては男性側に重要な原因があることを認めており、女性が教育を受けることができるような制度上の規制を取り除くことを主張した。エンゲルスはマルクス主義の立場からジェンダーの問題を分析し、一夫一婦の家族制度の歴史的起源は政治的な不平等と女性の経済的搾取を正当化するための制度であり、合法化された売春であるという議論を提起した。このような古典的な研究を踏まえると現代のジェンダー研究はウルストンクラフトやミルが述べたような自由主義的フェミニズムの潮流、エンゲルスが論じたような社会主義的フェミニズムの潮流に加えて、アメリカからラディカルなフェミニズムの潮流が生まれてきた。この立場は理論的な一貫性が乏しく曖昧な体系であったにもかかわらず、今日のジェンダーの問題について幅広い見解を含んでいる。例えばボーヴォワールの研究によればジェンダーの問題について女性は男性と全く同じ本性を持っているものの、女性の身体という条件によって妨げられてきたと考える。したがって、女性は医療技術や生殖技術の研究開発が進むにつれて身体を制御し、男性と同一視できるようになると将来を予測している。このようなラディカルな立場は両性偶有を目標として掲げており、同時に男性性という性格に含まれる性差別、父権支配を攻撃する
 
== 政治経済学 ==
360

回編集