「政治学概論」の版間の差分

研究者について加筆
(ジェンダーについて加筆)
(研究者について加筆)
=== 資本主義体制 ===
==== 企業資本主義 ====
[[ファイル:AdamSmith.jpg|thumb|right|150px|アダム・スミス(1723年-1790年)はイギリスの哲学者であり経済学者。グラスゴー大学やオックスフォード大学で学業を修める。大学教授、家庭教師を経て税関職員として勤務した。近代経済学の古典的研究として重要な理論を示し、例えば労働を価値の源泉と考える労働価値説や自由な競争による市場の効率性を論じた。著作には『道徳感情論』、『国富論』などがある。]]
 
==== 社会資本主義 ====
[[ファイル:Friedrich List.jpg|thumb|right|150px|フリードリヒ・リスト(1789年-1846年)はドイツの経済学者。就労しながらテュービンゲン大学で学び、大学教授となるが、後にアメリカへ亡命した。経済学の研究で歴史学派の古典的業績を示し、経済が発展するために経なければならない段階や保護関税の意義について論じた。著作には『政治経済学の国民的体系』、『ドイツ人の政治的・経済的国民統一』など。]]
 
=== 社会主義体制 ===
 
==== 市場社会主義 ====
[[ファイル:Gorbatschow DR-Forum 129 b2.jpg|thumb|right|150px|ミハイル・ゴルバチョフ(1931年生まれ)はソヴィエトの政治指導者。モスクワ大学卒業後にソ連共産党に入党し、書記長としてペレストロイカを推進したソ連時代最後の政治指導者であった。従来の計画経済の路線を修正して市場の規制緩和を進め、ソ連の社会主義経済の改革に努めた。著作には『ペレストロイカ』、『ゴルバチョフ回顧録』などがある。]]
[[ファイル:Mikhail Gorbachev 1987.jpg|thumb|right|150px|ミハイル・ゴルバチョフ(年-年)]]
 
==== 第三の道 ====
[[ファイル:SchumacherSiB200.jpg|thumb|right|150px|エルンスト・フリードリヒ・シューマッハ(1911年-1977年)はドイツ出身の経済学者。ボン大学、オックスフォード大学などで経済学を修め、イギリスを拠点に経済学者としての研究と著述活動を行った。経済学の研究を通じて仏教的な経済哲学を詠唱し、道徳の重要性を強調したことで知られる。著作には『スモールイズビューティフル』、『混迷の時代を超えて』など。]]
 
== 市民社会論 ==
匿名利用者