「民法第760条」の版間の差分

編集の要約なし
 
==解説==
夫婦間の婚姻費用の分担についての規定である。この費用には金銭による分担だけでなく家事や育児の担当などの労働による分担も含まれると解されている。例えば、妻が専業主婦の場合、妻は家事・育児を担当し、夫は妻に金銭を渡すことが婚姻費用の分担となる。
 
==参照条文==
1

回編集