「借地借家法」の版間の差分

M
(スタイルの修正)
== 借地 ==
=== 対抗力 ===
前回の<!--[[債権各論/賃貸借|賃貸借]]講座で扱ったように、-->民法の規定によれば、賃借権はその登記を備えることで第三者への対抗力を持ちます。しかし賃借権の登記がなされるのは稀であり、借地借家法は賃借権が対抗力を備える場合を拡張しています。
 
借地については、借地権の登記がなされていなくとも、借地上の建物の登記があれば、借地権者は借地の譲受人などの第三者に対し、借地権を対抗することができます(借地借家法10条1項)。