「高等学校現代社会」の版間の差分

M
再修正
M (121.108.231.115 (会話) による編集を取り消し、Tomzo による直前の版へ差し戻す)
M (再修正)
 
=== 現代の社会生活と青年 ===
 
==== 少子高齢大衆化 ====
映像文化が発達し、マスコミが感情に訴えかける社会を大衆社会という。[[社会学]]者のリースマンは孤独な群集の中で近代以前は地域社会の中で生活する伝統指向型==== 大衆化 ====
映像文化が発達し、マスコミが感情に訴えかける社会を大衆社会という。[[社会学]]者のリースマンは孤独な群集の中で近代以前は地域社会の中で生活する伝統指向型だったが、近代では宗教や思想をもとに主体的な行動する内部指向型、現代はマスコミに動かされる他人指向型になったと大衆化を分析した。
だったが、近代では宗教や思想をもとに主体的な行動する内部指向型、現代はマスコミに動かされる他人指向型になったと大衆化を分析した。
 
==== 大衆化 ====
映像文化が発達し、マスコミが感情に訴えかける社会を大衆社会という。[[社会学]]者のリースマンは孤独な群集の中で近代以前は地域社会の中で生活する伝統指向型だったが、近代では宗教や思想をもとに主体的な行動する内部指向型、現代はマスコミに動かされる他人指向型になったと大衆化を分析した。
==== 少子高齢化 ====
日本では人口爆発が終了し、跳ね返って高齢社会になった。
 
約30%の人々が65歳以上の高齢者となり、出生年齢人口が出生率と共に、減少していくこと。
 
==== 高度情報化 ====
ME革命により、FA化、OA化してゆく社会を情報化社会という。だが、情報化に着いていけない人との経済的な格差や許容情報量の格差が問題になっている。
 
==== 国際化 ====